しろしろ

素人のように考え、素人として実行する(ってダメじゃん!!)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査とCPAP法の治療を受ける

いくつか病院にかかったネタを書いてきたけど、今回は少し重い話。
(続き:CPAP法(持続陽圧呼吸療法)でのSASの治療

なんと、睡眠時無呼吸症候群(SAS)と診断されてしまった。バスやトラックが居眠り運転事故を起こしたりした時によく話題になる睡眠障害の病気です。しかも結構、重度の症状とのこと。

事の始まりは宿泊人間ドックのオプションで簡易版の睡眠時無呼吸症の検査を受けたこと。数年前から「いびき」がひどいと家族に指摘されていて少し気になっていた。あと、寝ている最中に呼吸が止っている時があるという話を家族から聞いていたからだ。

この簡易検査の結果は、一時間あたり22回も無呼吸だったり低呼吸の状態という結果だった。つまり寝ている間、3分に1度は息が止まっているということ。もっと衝撃だったのは、最大で85秒も呼吸が止まっていたということ。プールで潜水したりして息止めたりすると40秒を超えた辺りからつらくなってくるけど、まさかの一分越えとか。というか、3分に一回、1分以上息止まってるってことは、寝ているとき半分くらい息してないって事?ということで、これは確かにやばいなと考えて病院に行くことにした。

SAS簡易検査
この検査結果ついて、紹介状と一緒に送られてきた説明書では数字としては中程度の無呼吸症ということなのだが、この後もっとひどいということが判ることに。

ネットで検索したら幸いにも割と近所に睡眠時無呼吸症にも詳しい呼吸器科のクリニックを見つけたので行ってみることにした。

無呼吸症について、病院の先生からは心臓発作や脳梗塞になるリスクがあるといわれつつ、精密検査をしましょうということですぐ一泊入院検査を申し込まされる。ちなみに検査は混んでいて、予約は一ヶ月以上先になった。無呼吸症の専門クリニックでも入院検査設備が無いケースも有るようですが、このクリニックの場合は設備を備えててすぐ予約までとれたのはラッキーだった。

さて、入院当日。検査は一晩寝て、睡眠時の呼気、脳波、手足の筋電、胸とお腹の動きを調べる。胸とお腹の動きを見るのは、動きで呼吸が出来てるかを調べるため。頭に電極を付けた上で、寝返りをうっても外れないようにするためにネットをかぶるので、すこぶる格好悪い。

寝心地が悪いのは我慢してとにかく寝てしまう。

検査結果を聞きに再度病院に行く。結果は、簡易検査の時よりももっと悪く、一時間あたり無呼吸低呼吸回数が52回、約6時間の中で300回も無呼吸だったり低呼吸な状態だった。

SAShonkensa


あと、脳波の状況から、深い眠りの状態である、stage3,stage4と呼ばれる段階に至る時間が全く無いことが分かった。つまり無呼吸による低酸素状況に対応して体を動かそうと指令を出すために、ほとんど脳が休めて居ないという状況。動脈血圧酸素飽和度も最低で74パーセントという数値で、これはどれくらい低いかというと、普通の病気で85パーセントを下回ると酸素ボンベによる酸素吸入をする値で、体にも相当負荷がかかっている状況だという。

診断としては重症(一時間あたり30回以上の無呼吸低呼吸回数)の睡眠時無呼吸症ということだった。簡易検査はやっぱり簡易だったのだ。

睡眠時無呼吸症候群というと高速バスやトラックの運転手が話題になりはしたが、まさか自分がという気持ちになる。

実は自覚症状はほとんど無かった。もともと子供のころから寝付きがよくない事もあり、多少睡眠時間が短くても、昼間に居眠りすることはまれだった。退屈な会議でも平気で起き続けられる体質です。無呼吸症の症状で、よくあるじっとしているとすぐ寝てしまうという事は有りませんでした。

なので、重症といわれてもちょっとピンと来ません。でも、最近寝ても疲れがとれてないというか、起きたときむしろフラフラという状況があり、年齢や日頃の疲れのせいかと思っていたのですが、無呼吸で体に負担がかかっていたせいだったのでしょう。寝ると疲れてしまうとはあべこべです。

でもここで分かって良かったと思っている。睡眠時無呼吸症の問題は、疲れや眠気が残って昼突然眠りに落ちるということだけでは無いのだ。実は怖いのは、高血圧や心疾患、糖尿病など生活習慣病との合併症リスクが高いと言われている。(こちらに、睡眠時無呼吸症候群の症状をまとめた)

実は自分はここ数年、健康診断等で血圧が高くなっていると言われ続けていて、できるだけ塩分を控えたりするようにしていたのだ。でも、どんどん上がる一方でそろそろ薬かなと思っていたので、この睡眠時無呼吸症候群の診断で、これが原因だったのかと思った。人間ドックでは糖代謝にも陰りが出ていたので、これもSASのせいかもしれない。

さて、治療法はというと、私の場合は閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)で重症の場合CPAP法(シーパップ:持続陽圧呼吸療法)となります。これは、寝ている最中呼吸器のようなものを装着し、鼻に空気圧をかけて気道を強制的に広げる方法。

これつについては次回

リンク:睡眠時無呼吸症候群の症状

名刺のデータ化にWantedly Peolpleを使う

自分は外交的なタイプではないですが、外出して人に会うことが多くなり名刺がたまってきた。少し前は名刺用のルーズリーフを使っていましたが、それでは間に合わなくなってきて、というかルーズリーフに差し込むのも面倒になってきて整理できない状況になっていました。

少し前にEightというのを使い始めて、名刺の写真を撮るだけで正確に情報を取り込んでくれるので、これはこれで良かったのですが、SNSとしての妙な作り込みがあって、相手も使っているとその名刺取り込むとその方に通知のメールが飛んだりして、なんか取り込むのが嫌になってしまった。あと、Evernoteにも名刺の読み取り機能があるのですが、専用アプリが無いのとEvernoteアプリからしか編集ができず、WEBから修正が出来ないのが不便なのと、大量の名刺を読み直すのが大変というのが悩みでした。

そこで最近また何か良いサービスが無いかと見つけたのが、スマホアプリのWantedly Peopleというサービス。

このWantedly People、名刺の自動読み取り機能が優れもので、なんと一度の撮影で複数の名刺を一気に読み取ってくれるのです。

下の様な感じで、四枚とか六枚とか名刺を並べて(下の写真ではそれを模したポストイットですが)撮影することで、一気に読み取ってくれます。
20171104_wantedly people

そこからの文字の読み取りも文字認識でやっていて、かなり精度が高いです。撮影した名刺が多少ボケていても、読み取ってくれます(おそらくサーバ側で同じ名刺が見付かった場合はその情報を使っているのではと思います)

ただ、間違う事は結構あって、住所や電話番号、メアドなどまで含めると細かいところに間違いがでます。それでも、一発で読み取れる割合はかなり高いです。名刺の画像データも一緒に保存されるので、私は、本当に連絡を取る事になりそうな人の電話とメアドだけ簡単に確認するにとどめています。

300枚近くあった名刺を3時間くらいで読み取って、納める事が出来ました。

読み込んだ名刺を操作するインターフェースはすごくシンプルで基本は検索だけ。これが逆にうるさくなくてよいです。スマホのアプリの他WEBからもアクセス出来ます。WEBからはCSVのデータをダウンロードできます。

大分馴染んで来ているのですが、不満はあります。ここが改善されればなと思う点を。

読み取り精度の改善

文字認識はかなりの出来だと思うのですが、四角い物を名刺だと思い込むようで、各種ISOのマークを名刺だと判定するクセがあるようです。また、郵便番号の記号(〒)をどうしても数字やアルファベットとして読み取りたがるようですので、そこは頑張って欲しいです。それでも、厳しい撮影環境でもかなり正確に読み取ってくれるのはすごいと思っています。

撮影機能の改善

フラッシュの点灯スイッチが欲しい。反射して必ずしも吉となるわけでは無いのだが、照明の加減で陰が出来てしまうケースへのチョイスが欲しい。あと、Xperia XZ Premium SO-04Jのせいなのかもしれないが、ピントが合わないことがある。この場合、一度スマホ標準のカメラを起動して、ある程度ピントを合わせてからアプリに戻ると改善されることがある。ピントが合っていなくても結構読み取ってくれることもすごいのですが。

インターナショナルな名刺の読み取り

仕事柄、外国の方と会うことも多いのですが、氏名の編集欄が必ず姓名の順で出てくる。明らかにアルファベットしか現れていない名刺は、「名」「姓」の順番になるように編集欄を修正して欲しいです。あと、電番の国番号をあらわす+記号(+81 - …)を読み取ってくれないようですので対応してほしいです。

エクスポート機能の改善

WEBからはCSVでデータのダウンロードが出来るのですが、Shift_jisエンコードになっているようで、旧字体や台湾・中国の方の名前が"?"に置き換わってしまうので、UTF-8のエンコードにする事や例えばjson形式などにして名刺画像も合わせてDL出来る様にしてもらえるとありがたいです

ほとんど広告とかも表示されず(Google Playには「広告が表示されます」と有るのですが、なぜか表示されない)ビジネスモデルがよく分からないのですがビジネス人気無料アプリ2位ということで是非頑張って欲しいです。

Nintendo Switchが来た!

以前Splatoonのことを書きました。このイカしたゲームがとても好きなのですが、その続編というか進化版、Splatoon2が7月に発売されていたのですが、Switchが超品薄で手に入らず、Twitterの書き込みとか公式のフェスのお知らせとかをずーっと恨めしく見ていました。そんな中、今回やっと正規のルートで手に入れることが出来ました。
DSCPDC_0003_BURST20170930101948927_COVER

いや、転売屋から買えば手に入ったのですけどね。しかし、何万も余計に払うのは癪だったので。

この流通状況の異常さに、さすがにまずいと思ったのかニンテンドーショップでの予約を任天堂が始めてくれたのですが、それはそれでオンラインショップが人多すぎ状態になって大変なことになったのですが、頑張って予約して、やっとこさこれが到着したのです。

早速開封の儀。解説書の類いは全く無く。説明は箱内側面のこの「はじめかた」のみ。
DSC_2793

第一印象は、思っていたよりも小さく、薄べったいです。
早速書いて有るとおりACアダプタをつなぐと、コントローラを差せやと言ってきます。

DSC_2794

コントローラを使いながら先にすすめて、無線LANの設定などをしていくと、テレビにつなぐかと聞いてきて、ドックの使い方が表示されます。
DSC_2795

つなぎました。今度は本体のアップデート。

DSCPDC_0003_BURST20170930103833104_COVER 
今回、合わせて購入したもの。スプラトゥーン2のソフトと、コントローラ。予約するときに、何をセットで買えば良いのか全然調べてなかったので、よく分からないまま買いました。実はJoyconももう一セット買っています。結論から言うと、大人の手にはJoyconはかなり小さいので、Proコントローラを買っておいて良かったと思います。上の写真から見ても分かるようにWii Uのパッドは特におおきくてそれに慣れてしまっていると、Switch本体が薄く小く、コントローラ上側面にあるZ(R,L)と、R,Lのボタンが押し分けづらいのです。
DSC_2798


スプラトゥーン2のパッケージ中身。カードは小さい。3DS用の物よりもさらに小さいです。
DSCPDC_0003_BURST20170930104250620_COVER

ソフトを入れて、キャラクタを選んで、やっとこさ始められました。Wii U版もしらばらくやっていなくて、あまりにも久しぶりなので下手くそでコントリビュート出来なくてごめんなさい。

DSC_2800



ESET Internet Security/Smaert Security の設定引き継ぎ

ESETの更新時期が来た!
以前紹介した ESET Smart Security(日本だと、ESET ファミリー セキュリティ)ですが、3年経ってライセンス期限が来たので更新をしました。ちなみに、5台のデバイスにインストールできて3年で6912円(税込み)でした。おそらく他のウイルス対策ソフトウエアに乗り換えるよりも圧倒的に安価だと思います。

その際に気がついたのですが、クライアントの最新版が、Smart Security 9からInternet Security 10になっていて、更新して欲しい旨が書かれていました。Smart Security 9からアンチセフトの機能が無くなったのですが最近WannaCryなどで脅威が増しているランサムウェアに対応した最新のクライアントとのこと。

Smart Security 9とInternet Security 10の差分はこちら
http://eset-support.canon-its.jp/faq/show/5562?site_domain=private

さて、乗り換えのためには一度Smart Security 9をアンインストールし、Internet Security 10を入れる必要がある。その際に、設定情報が自動では引き継がれないのだそうだ。

実は、自分は特に広告バナーに関連するアドレスを、インターネット保護のWEBアクセス保護機能を使ってブロックしているのですが、その(結構一生懸命作った)アドレスリストを引き継ぐ必要があるのです。

以前はリストそのものをエクスポート&インポート出来たのですが、いつの間にか「エクスポート」というボタンが無くなってしまいました。

そこでどうしたかというと、アプリ全体の設定のエクスポート機能を使って設定を移行したのでその説明をします。

設定のエクスポート

ステータスアイコンのESETのアイコンをクリックしてGUIを表示させます。その下に、設定のインポートとエクスポートという画面があります。
20170924135015_No-00_ESET Smart Security


そこをクリックすると「設定のエクスポート/インポート」という画面が出てきます。「設定のエクスポート」を選択肢、ディレクトリとファイル名を指定して、保存します。フォルダはデスクトップがよいかと思います。指定した先に.xmlファイルが出来ると思います。
20170924135419_No-00_設定のインポートエクスポート


後は、ESETのSmart SecurityのアンインストールとInternet Security 10の再インストールでアップデートした後、全く同じ手順で今度はxmlファイルの「インポート」行えばおしまいです。バージョン間で機能差分ある設定は特に何も聞いてきませんでした。

下の様にXMLフォーマットでブロックしたいアドバナーのURLが収まっています。
20170924160856_No-00_NoName


最近のウイルススキャナ動向

3年前に記事を書いた頃は、ESETはほとんど誰も知らない的な感じでしたが、今では価格.com第一位ですね。当時、最強説だったカスペルスキーですが今は大きく後退している様です。

カスペルスキーはロシアの情報機関KGB出身のエンジニアが作ったのですが、最近、米国政府がカスペルスキー製品の排除を指示しました。カスペルスキー製品にスパイ用コードが入っている懸念があるからのようです。以前からなんとなくそうなのではと思っていたのですが、こうした指令が出るのはおそらく本当にそういう証拠が見付かったのだと思います。実は私が勤めている会社はセキュリティ関係の製品も扱っていて、以前はカスペルスキーをウイルス検出時の2次チェックに使っていたのですがそれをやめました。本当に何かあるのかもしれません。ちなもにESETもスロバキアの会社なのでなにかあるかもしれませんがね。

WealthNaviとTHEOにお金を預けてみる

今時、貯蓄は定期預金だけという人はいないとは思います。私も、それなりに株や外貨預金、投資信託などをやっています。FXで少し手痛い思いもしたし、最近だとビットコインをちょっと貯めていたりする。

そんな状況ですが、最近、ロボアドバイザーと呼ばれる投資を本人に代わって管理してくれるという商品が出てきた。個人が使える最新のフィンテックだといえます。今夏より、SBI証券から使えるWealthNaviとTHEOという2つのサービスを実際に始めてみた。

ロボアドバイザーとは何か?

始めてみて分かったのだが、今回扱う2つのサービスを簡単に言うと、
  • 投資者個人の投資環境・状況に合わせて資産ポートフォリオ案を自動設計し
  • そのポートフォリオに合わせて海外ETFを自動購入し
  • ポートフォリオを自動調整(リバランス)する
  • 換金などの際に税金などの支払いを考慮してポートフォリオを取り崩す
というサービスである。

ロボットという言い方から、株とかの売買を市況に合わせて儲かるよう自動的にやってくれる様なイメージを持たれがちだと思うが、そうではない。WealthNaviとTHEOの場合は、自分が指定したり、システムが推定した最適ポートフォリオを適宜変更するが、儲けを積極的に追求してアクティブに売買をするわけではない。

投資信託によくあるバランス型ファンドと何が違うのか、というと、個人毎に細かくポートフォリオが設定できるというところ。また、株ではなく、インデックスETFに投資するという点が異なる。また、解約時の節税などは新しい。ただし、投信だと為替ヘッジするタイプもあるが2つのサービスとも米国市場で売買するので為替の影響を受ける。

2つのサービスの違いは何か

WealthNaviとTHEOを比較すると、以下のようになる 。

WealthNaviTHEO
最低投資額30万円10万円
扱うファンド・証券類の種類737
ポートフォリオの変更回数無制限年間2回
口座管理手数料1%1%

広告などからはあまり分からないがそれでも細かい差がある事が分かる。特に、ファンドの種類は顕著である。どちらも、株式、債券、コモディティが組み込まれるが、WealthNaviの方はたった7種類のETFで運用される。一方THEOは37のETFや通貨で構成される。

正直どちらが良いのか悪いのかは、長期的な運用結果を見てみないと分からないけど、WelthNaviの方は種類が少ない分、アルゴリズムが安定しやすいだろうなと思う一方THEOの方が分散投資が行き届く様にも思う。

運用してみてしばらくして見ると、ファンド採用の基準が、分散投資観点のポリシーや自動売買のアルゴリズムに反映されているように感じた。

他、上記の様なスペックから見えにくいところとして、THEOは単価が少額のETFが多く採用されているので、数千円の追加現金や分配金ですぐファンドが購入される一方、採用ETFの単価が高いWealthNaviは2万円程度の現金が口座に無いと追加購入が発生せず、若干現金が遊びがちなのと資産が少ないうちは目標ポートフォリオとの乖離率が高いというのが難点でしょうか。

あと、Webの画面については、両方とも似たような感じでかなりシンプルかつモダンできれいなのだが、残高の見方、資料や情報のアクセスの仕方など、細かいところで見ると、WealthNaviの方が気が利いていると感じた。

どちらが良いかとかは未だあまり言えないですが、説明されているアルゴリズム等の内容やHPの作りなどはWealthNaviの方がしっかりしているし分かり易い。ただ、分散投資や運用の効率、最小投資額などはTHEOの方が良いと感じた。

本当にロボアドバイザーは良いのか?評価と課題

ひとまず、口座にお金を入れておけば勝手に運用を始めてくれるので正直楽です。結構良いなと思いました。運用成績は正直まだわかりません。一度下降局面に入り、戻す、といったところを経験しないと分からないと思います。が、こまかくポートフォリオの面倒を見られない人には長期運用目的ではかなり良いと思います。

アルゴリズムについてはこれから改良の余地があるかと思います。ほとんどインデックスファンドが採用されていますが、実際のインデックスや目標に近づけるためには、パッシブなインデックスETFだけでなく、アクティブファンドも組み合わせないと行けないという議論もあります。なのでまだ運用期間が短く運用実績でどちらが良いかとかは判断できず、それよりもどちらも現金を渡せば自動売買をしてくれるという運用負担観点でのメリットを享受するかで加入を検討するのかと思います。

あと、手数料が1%というのは実は大きい。ETF自体の信託報酬は年率0.04%から0.48%ほど。WealthNaviが採用しているファンドの信託報酬はほとんど0.04%のETFですが、それに加えて、手数料がかかるわけです。つまり全体で1%+αかかります。一方前述のバランス型非ETF投信の信託報酬は0.5%。また、ETFを自分で買っても安く抑えられます。なので、10万だけTHEOで運用し、運用をまねて自分でETFを買っていくという手も考えられます。やはりそれはそれで大変なので、その分の運用手間賃1%をロボアドバイザーに払っていると考えてもいいでしょう。(10年以上投資信託で運用していますが、自分でコンスタントにポートフォリオを調整するのは大変。)

さらに、NISA口座の対象にならないこと。これは結構大きいと思います。長期保有ならあまり意味が無いかもしれませんが5年間で解約すると儲けの20%がロストします。今はIDeCoや積み立てNISAの活用も含めてロボアドバイザーは一つの手段と考えるのが良さそうです。