しろしろ

素人のように考え、素人として実行する(ってダメじゃん!!)

テレビを捨てる(家電リサイクル)

アナログの最後の砦であったケーブル・フレッツテレビ等でのアナログ変換が先日終了し、地上波が映らなくなってしまったので、古いテレビを捨てた。ブラウン管ではあるが、21世紀になってから買ったものであり、BSは720pが映るものだったけど、大きくて場所も取るだけだったので捨てることにした。

テレビを捨てるには、今は「家電リサイクル法」等で定められている方法で処分しなくてはならず、普通の粗大ごみ等では扱ってくれない。捨てるには少し手順がいる。詳しくは経産省のこちらのページで

一番簡単なのは、その機械を買った店や、買い替え品を買った店で引取を申し込むことが出来る。

今回は家電リサイクルの回収施設に直接車で持ち込むことにした。他の手段としては、販売店に依頼する、または、メーカーに依頼する形で自宅まで回収に来てもらうという方法がある。

手順1 家電リサイクル券を買う。
回収施設のその場で料金を払うのではなく、まず郵便局に行き「家電リサイクル券」を買う必要がある。下記の写真のリサイクル券にあるように、買うときには、どのメーカーのどれくらいのサイズのテレビ(xxインチ)を伝える必要がある。うろ覚えで行くと忘れて危ないので、きちんとメモして出かけたい。ちなみに、29インチだったので、料金は2916円。郵便局の手数料も合わせて3000円強かかった。少し高い。

20150501_tv


手順2 テレビを回収施設に持ち込む
手順1で購入した家電リサイクル券と、捨てるテレビを持って、施設に行く。清掃局の施設ではなく、運送会社の倉庫のようなところが多いようだ。多分そこからリサイクル工場に搬送するのだろう。

今回行ったところは、きちんと道端に家電回収施設であるノボリが立っていて、施設に乗り入れると、回収場所までの案内がきちんと出ていた。車でそのまま回収場所につくと、数人の男の人が来てくれて、あっという間にブラウン管の重たいテレビを持っていった。リサイクル券も特に内容を吟味されず、控えを渡される。車を停めてから、回収完了まで1分かからなかったと思う。

カルピス計量カップ付きカルピス

昨日、スーパーでカルピスを買ったら、おまけでコップがついてきた。

20150421_calpis1

カップの後ろに回ると、「こいめ」「おすすめ」「うすめ」の線が引いてある。
20150421_calps2

このメモリまでカルピスの原液を入れて、カップの上にひいてある線まで水を注ぐと好みの濃さになるということ。

普段の感覚からすると、「うすめ」の線でも結構濃いのではないかと思ったけど、たしかにちょうどいい感じ。

カップも可愛らしいので、まあ、おまけとしてはそこそこ嬉しい方かな。



マクドナルドが遠くなる

2015/4/16のニュースとして、マクドナルドの経営不振の対策に関するニュースを見た。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150416-00000554-san-bus_all

  日本マクドナルドホールディングス(HD)は16日、未発表だった今期(12月期)の業績が上場後最大の380億円の最終赤字になると発表。(中略)
 同社が発表した改善策は、▽本社100人規模(全体の15%)の早期退職募集▽今年中に成長が見込めない131店舗を閉鎖▽4年間で2000店を改装、うち500店舗を年内実施▽東日本、中日本、西日本の3地区本部制導入▽幅広い選択肢から選べるセットメニュー制導入-など。

よくわからないのだけど、なんで"成長が見込めない"、という理由で店舗を閉鎖しちゃうのかなと思う。最近、どんどん身の回りにあるマクドナルドが消えている。特に、職場の最寄り駅とか良く行くスーパーの中の店舗とか、身近でよく使っていたところが閉店されている。
 
もちろん経営者的な観点で見れば、利益が上がらなかったり、赤字を出すような店舗を切り捨てることで、数値としての効果を期待するのは理解できるのだが。

でも、客が減っているのは、もちろん最近の事件のイメージの問題もあるのだと思うが、身近感がどんどん消えてきていることも原因な気がする。大きな駅や街ではなく、成績の悪い郊外の店舗をどんどん消していくことで、マクドナルドに対する気軽さのようなものがなくなってきてしまい、自分の中ではマクドナルドへの身近感がどんどん下がっている。結果、マクドナルドが近くにあるときでも、チョイスに入れるのを忘れてしまうようになってきた。

前は、時間が無いときに、移動のついでにサッとよって昼ごはんを済ませることが出来たりして便利で、そのせいでメニューもなんとなく頭にあったが、最近はぼんやりとしか出なくなってきた。

それともこれはマクドナルドが狙っている効果なんだろうか。

2015/4/26 追記:日経ビジネスにもなんとなく同じような事が書いてあった。投資家向けの改善策ではあるが、本当に客を見た改善なのか、従業員も疑問に思っているといったような内容だった。

ドコモ携帯 N-01Gを買った

DSC_1159

仕事で使う携帯を買った。今更まさかのガラケー、N-01G。ガラケーを買うのは2008年以来のP905以来だと思う。折りたたみ携帯には根強い人気があるとのことだが、分かる気もする。電話と少しのテキストをやりとりという使い方と2台持ちということを考えるとできるだけコンパクトな方がいい。

N-01Gのポイントは長持ちバッテリー、3.4inch大画面と810万画素のカメラ、スマホやタブレットの通知を携帯でも確認出来る「スマートリンク」機能など。

ガラケーの最大の良さはやはり電池の持ち。これだけはやはりいい。あと、電話かけてる時にいかにも電話してまーすというポーズが様になるところか。

以下、写真にて外観など。

DSC_1161DSC_1163

背面と横画像。8.1Mピクセルのカメラ部分が少し盛り上がっている。持つとそのせいか若干厚めに感じることがある。背面ディスプレイ表示は上の写真右手のような少し銀色の部分に配置されている。

DSC_1165NEC_0003

8.1Mピクセルのカメラ。スマホのようなエフェクトなどの凝った効果は準備されていないが、右の鉱石の写真のように、結構透明感のある写真もとれる。少し前のガラケーのカメラは、なんかもやっとした画像しか取れなかったが、少しは進歩した。

スマホ/タブレットとのスマートリンク機能は、持っているスマホがXperiaなので残念ながら対象外であった。N系だけでなく、富士通・シャープ、iPhoneとも連携が可能。仕事の時に私用スマホをいじるのは気がひけるので、この携帯からメールなどを確認出来ると目立たなくていいなと思った次第。

他、万歩計やランニングの歩数計速などの機能もあって、これも使いそうかな。

OCN PageONからのお引っ越し(さくらレンタルサーバ)

少し前にブログ人の引っ越しを済ませたばかりだが、今度はOCNのホームページサービスPageONもサービス終了ということで乗り換えの準備をそろそろしなくてはいけない。

ブログ人の時と違い、今回は乗り換え先として推奨されているサービスがPageON乗り換え用のサービスをしっかり準備してくれている。その一つさくらレンタルサーバのスタンダードプランに乗り換えてみた。なおGMOの「iCLUSTA+(ウェブホスティング)」は紹介ページなどがイマイチ、NTT-Comの「Bizメール&ウェブ エコノミー」は料金が高め(もともとSOHO用で個人ユースをあまり想定していない?)と思った。

まずは、OCN PageONのサービス終了と移行先サービス紹介ページで紹介されているサービスの中から、「さくらのレンタルサーバ ライト」を選ぶ。

20150104114036_No-00_Page ON

ライトか、スタンダードを選ぶ。私は、CMSなどを使ってみたいと考えた事から、スタンダードを選びました。初年度費用が半額(6ヶ月無料)というのもポイント。初期ドメインは慎重に選びたい。残念ながらPageONのユーザ名で使っていたものは、すでに使われているとのことで選べなかった。

20150104114212_No-00_SAKURAADJP

メールアドレスなどを入れる。OCNメールアドレスを入れる様に例示されるので、OCNユーザ向けに準備がしてあるのだなと安心感が有る。

20150104114231_No-00_SAKURAADJP

申し込み完了。この時、クレジットカード決済にしておくと、仮登録完了のお知らせメールが来てすぐに使えるようになる。

20150104114711_No-00_SAKURAADJP

ここからが良く出来ていて、コンテンツをまるごと移してくれるページが準備されている。サーバパスワードは仮登録完了メールに有るFTPサーバのパスワードを入れる。

20150104114917_No-00_Page ON

ちょっくらまつ。

20150104120341_No-00_

お引っ越し完了。

20150104120508_No-00_

サーバのレスポンスなどがよく。結構いい感じ。ちなみに移転したページはこちら。旧URLを直接参照しているリンクなどは修正しないといけないなど、まだまだ工事中。一部のコンテンツはWordPressに移行してページ更新頻度を上げていきたいと考えています。