しろしろ

素人のように考え、素人として実行する(ってダメじゃん!!)

人工知能 人類最悪にして最後の発明 を読んだ



DSC_1311 
ジェイムズ ・バラット著 人工知能 人類最悪にして最後の発明を読んだ

この本は人工知能が進化していくことで引き起こされるかもしれない人類の破滅を警鐘している本。人工知能の進歩が進み、自ら進化していく人工汎用知能が完成した瞬間、人間を超越する超知能に自ら進化し、人間を滅ぼすのではないかという懸念を論じている。 

人工知能は直接の意図をもって、人間を滅ぼそうとするのではなく、AI自身の究極の目標に向かう手段として、結果的に人間のあらゆる資源を使ってしまい人を滅ぼすとするというもの。人間の細胞分子自体が、物質を変換するナノマシンの材料にされてしまうというシナリオが書かれている。

「ターミネータ」のようなフィクションSF的で荒唐無稽な話ではなく、多くの端緒的な事例、著者の考え方と同じ懸念(脅迫観念に近いを)持つ有識者とのインタビューなどの膨大な取材に基づき、綿密に検討された著者の懸念は冷静に理解できる。「シンギュラリティー」のカーツワイルなど、著者の考える懸念はなくむしろ人類が進化するチャンスと捉える人々の見解も見ることが出きる。

上記カーツワイルの他、マービン・ミンスキー、ドナルド・ヘッブ、フランク・ローゼンブラット、ピーター・ノービグなど、AI、ニューラルネットワーク(ボルツマンマシン)に関する人々の名前が出ていて、最近のAIの基本知識をある程度持っている方なら興味深く読むことが出来るだろう。

個人的には、著者が懸念しているような状況が、あと10年~20年で来るとはとても思えない。しかし、近年、機械学習(machine learning)と呼ばれる分野や、ロボット工学、インターネットなどの、要素となる技術の発展が著しい。複雑系が統計力学的に作用した結果、あたかも人間を滅ぼそうとする意図を持っているかのように人間やインフラにダメージを与えるという姿も、イメージが持てる。また、原発の事故のように、システムの僅かなほころびが重大な事故につながるということも、確かに理解できる。

破滅の事態を防ぐ手段としては、私は著者が考える理論の構築ではなく、環境やAI自身の多様性が鍵になると考える。結局、イランの核施設を破壊したウイルスが攻撃者の意図とは裏腹に逃げ出してしまったのは、LANとインターネット両方で使われるプロトコルが同じだったからだ。また、例えばナノマシンによる攻撃には、それから守るナノマシンを開発しておくことで、事態を緩和することが出来るだろう。結局はシステムには、システム自身が予測できないほどの複雑系で対抗するしかないと考える。

天気予報の世界を見ていれば分かるように、どれほど精緻な理論が出来ても、将来を完璧に予測し対処して振る舞うことは機械であっても不可能なのだ。なので、著者が述べている、理論の構築は直接的な防衛には役に立たないだろう。



以下の本も、参考までに。
 

Splatoonにハマりまくり

イカがインクを射ち合ってナワバリ争いをするという、意味不明なWiiUのゲーム、スプラトゥーン。CMや、プロモの動画をみて気になってしまい、6月入ってすぐに買ってしまった。メディア版は、品切れとなってしまっていたので、ダウンロード版を買いました。
splatoon_logo 
これがものすごい中毒性。一人用のモードもあるけど、基本はネット対戦。インクの出る銃(ローラーなんかの時もある)を持って、撃ち合って、床を多く塗ったほうが勝ちというゲーム。撃ち合いのゲームなんだが、あまりにも面白くて、寝不足気味。

とにかく、絶妙なゲームバランスで、1対戦3分間のプレイにひたすらハマり続けてしまう。
DSC_1245
基本は4対4での3分間の対戦の「ナワバリバトル」。フレンドでチームを組むこともできるが、12歳未満の場合はMiiverseのフレンドが作れないので、多くの場合、基本は対戦ごとに全く見ず知らずのメンバーとのランダムなチームマッチング。マップもランダムなので、これといった必勝法がないのが、面白くしている。

仲間とチャットなどでコミュニケーションが取れるわけでは無いので、ゲーム上の動きだけが全て。たま~に息があうプレーヤが現れるとすごく嬉しい。
DSC_1241

 とにかく、撃って、撃って塗りまくる!ビチョビチョ。水鉄砲で遊んでいるような感覚だが、マップごとの戦略や所持している武器毎の戦術などを考えながらやるのがすごく面白い。
DSC_1251
どちらのチームが多く塗ったのかは、この猫が判定。結構、対等な試合が多く、0.1%の差になることもある。マップの状況を見ながら判定が下るまで、ドキドキ。ただ、自分は射撃の操作がイマイチなのか、やや負けが多い気がする。

DSC_1252
勝つとみんな大喜び。負けると、地面を叩いて悔しがる。キャラクタのセンスが、ポップで、これまた良い。

今日の夕方までは、「フェス」といって、お題「朝ごはんはパン派?ごはん派?」という選択肢でチームが分かれて24時間、お祭り。

なんか、スカッとしたい人は、このSplatoonをやるためだけに、WiiUを買っても良いかもしれない。というかそれぐらいオススメ。

フリクションボールペンでインクがでなくなった時の唯一の解消法

フリクションボールペンを使っていると、インクが出なくなり、全く書けなくなることがある。

その現象に陥るのは、数ヶ月とか使ってなかった時に多いが、昨日、つい一週間前まで使えてたペンが急に書けなくなった。

この問題は、普通のボールペンの時に使うテクニックである、ペン先を振るとか、下に向ける、ティッシュの上で何度もなぞるなどをやっても効果が無い。お手上げの状態になる。

これで3本目ぐらいになるので、さすがに何か対策があるだろうと調べて見た。実は、この原因は、インクの乾燥らしい。そして、この問題を解消するのに最も効果的にして唯一の解は、実は「濡らした紙の上をなぞる」なのだ。

本当?フリクションって水性なの?と思いながら、紙をちぎって、濡らして来て、その上でグルグルとペン先を回していたら、何十秒もしないうちに、少しずつインクが出来て、きちんと書けるようになった。

201505_flixion

写真を見ると、無色のペン先をなぞらせた跡と、少しインクが出ている跡、インクが出て来てかけている様子が分かる。

 皆様も、同様な状態になったら、ぜひおためしあれ。

テレビを捨てる(家電リサイクル)

アナログの最後の砦であったケーブル・フレッツテレビ等でのアナログ変換が先日終了し、地上波が映らなくなってしまったので、古いテレビを捨てた。ブラウン管ではあるが、21世紀になってから買ったものであり、BSは720pが映るものだったけど、大きくて場所も取るだけだったので捨てることにした。

テレビを捨てるには、今は「家電リサイクル法」等で定められている方法で処分しなくてはならず、普通の粗大ごみ等では扱ってくれない。捨てるには少し手順がいる。詳しくは経産省のこちらのページで

一番簡単なのは、その機械を買った店や、買い替え品を買った店で引取を申し込むことが出来る。

今回は家電リサイクルの回収施設に直接車で持ち込むことにした。他の手段としては、販売店に依頼する、または、メーカーに依頼する形で自宅まで回収に来てもらうという方法がある。

手順1 家電リサイクル券を買う。
回収施設のその場で料金を払うのではなく、まず郵便局に行き「家電リサイクル券」を買う必要がある。下記の写真のリサイクル券にあるように、買うときには、どのメーカーのどれくらいのサイズのテレビ(xxインチ)を伝える必要がある。うろ覚えで行くと忘れて危ないので、きちんとメモして出かけたい。ちなみに、29インチだったので、料金は2916円。郵便局の手数料も合わせて3000円強かかった。少し高い。

20150501_tv


手順2 テレビを回収施設に持ち込む
手順1で購入した家電リサイクル券と、捨てるテレビを持って、施設に行く。清掃局の施設ではなく、運送会社の倉庫のようなところが多いようだ。多分そこからリサイクル工場に搬送するのだろう。

今回行ったところは、きちんと道端に家電回収施設であるノボリが立っていて、施設に乗り入れると、回収場所までの案内がきちんと出ていた。車でそのまま回収場所につくと、数人の男の人が来てくれて、あっという間にブラウン管の重たいテレビを持っていった。リサイクル券も特に内容を吟味されず、控えを渡される。車を停めてから、回収完了まで1分かからなかったと思う。

カルピス計量カップ付きカルピス

昨日、スーパーでカルピスを買ったら、おまけでコップがついてきた。

20150421_calpis1

カップの後ろに回ると、「こいめ」「おすすめ」「うすめ」の線が引いてある。
20150421_calps2

このメモリまでカルピスの原液を入れて、カップの上にひいてある線まで水を注ぐと好みの濃さになるということ。

普段の感覚からすると、「うすめ」の線でも結構濃いのではないかと思ったけど、たしかにちょうどいい感じ。

カップも可愛らしいので、まあ、おまけとしてはそこそこ嬉しい方かな。