最近ケータイキャリア決済を使うことが増えた。App store やGoogle play もそうだが、例えばSonyのmoraのようなコンテンツサイトやショッピングサイト等でも使える。

個人的には、有料アプリの決済やEverenoteのプレミアム料金の支払い(Androidアプリはdocomo決済がアプリから使える)に使っているし。少し前にmoraアプリで音楽のダウンロードをした際にも使って見た。

moraアプリで使ったときには、楽曲データのダウンロードにパケ代使いたくないからWiFiでアクセスしてても決済方法として選べるから、このままWiFiのまま進んだらどうなっちゃうのかなと思ってやってみたら、なんと決済でドコモとつなぐ時だけモバイルデータ通信モードにして、決済が終わったらまたWiFiに戻して楽曲のダウンロードを始めるという器用なことをやってくれた。(画像)

8db29da6.png

モバイルだけでなく、PCでも決済に使えることがある。この前Tohoシネマズのチケットの予約にも使ってみた。ドコモの場合、PCからサポートサイトにつなぐための「docomo ID」というものを準備しておく必要が有るが、ネットバンク決済と同じ感覚で使える。ただ、キャンセル、払い戻しが出来ないのがつらい。 これはドコモではなくTohoシネマズの仕様かもしれないが 。実は、時間指定のミスや急な体調不良なんかで直前で予約した映画を見そびれてしまったことが二回もある。

キャリアで決済出来ることの利点は、やはり手軽さとセキュリティか。カードがなくても、また、カード番号をいれなくても、決済できる。SPモードの場合、4桁の番号で決済できるが、回線認証と込みなので安心感は高い。サイトへの攻撃が日常化している中、考えたいオプション。