icon_store_book
ここ一年ぐらいで電子書籍の購入量が増えている。今新規で買うシリーズの漫画や小説のたぐいははすべて電子書籍で買うようにしている。その方が、場所をとらないし、持ち運びの手間もすくない。 

電子ブックストアはアマゾンを始め、山ほどあるけども、その中でも一番使っているのはドコモのdブックだ。

理由はいくつかある。まず、何よりも経営の安定性。実は電子書籍は購入者には完全には所有権が移っていないのだ。だからそのストアを退会してしまったらデータにアクセスできなくなり読めなくなってしまう可能性が高い。また、そのストアが倒産してしまったりしても、書籍が読めなくなって払ったお金がすべてパーになる可能性があるのだ。そこはよく気をつけないといけない。この辺は音楽配信でもそうだ。

末永く電子書籍にアクセスできる、という事を考えると、大手かつ事業継続性が確実な会社となる。アマゾン、楽天、等々となるが、アマゾンは外資で払ったお金の多くが海外に流れるので、国内コンテンツの育成、その商売の中立性を考えると携帯キャリアが良いのではと考えたので使っている。

あと、もう一つ特筆したいことがあって、dブックは結構無茶な安売りセールが多いのだ。昨年入った頃には毎月月末にポイントで半額ぐらい戻ってくるセールが連発されていて、実際に支払った額の倍の電子書籍が手に入れられていた。今この記事を書いている8月にも、20%ポイントバック、新規登録なら60%バックになるセールが開催されている。

ドコモの支払いをdカードGOLDでやっていることもあり、dポイントがたまりまくっているので、最近はそればかりで支払いをしていて、現金やクレジットでの支払いが発生していない。なので実質無料で電子書籍が積み上がっている。最近のdポイント大盤振る舞いもあり、ドコモユーザならdブックでコンテンツを買っていて間違いはないと思う。 しかし、ドコモdブックは、ドコモの回線契約がなくても会員になれて契約ができるので、多くの人にも利用を検討してもらいたい。

ただ、ユーザとしては結構不満に思っていることがある。ここでいくつか述べさせていただいて、関係者の目にとまったら是非改善についてご検討いただきたい。

■dブックが使いにくいポイント
ストア
  • 電子書籍が非常に探しにくい
まず、ジャンル分けががおおざっぱすぎて、ジャンルをクリックしたあとは、ストア内での販売実績件数で上位がずらずら出てくるだけで、自分の趣味に合わない本が続く。リアルな書店では、店頭に並んでいる話題の書籍などをザッピングして手に取ることが多いが、そういうことが全くかなわない。漫画だけでなく文芸書も含めてもっといろんな本を紹介するポータルページなどを充実させてほしい。

アプリ
  • 本が増えてくると「マイ本棚」の一覧が長くなってしまうので、自分でフォルダなどを作って整理できるようにしてほしい。
  • コミック以外のジャンルの場合のシリーズ物がアプリにはシリーズと認識されておらず、マイ本棚上でずらずらならんでしまうばかりか、続刊情報が届かない。少なくともラノベ系や推理小説のシリーズものなどをシリーズとして扱ってもらえると助かる
  • その書籍ごとの拡大率を覚えておいてほしい。小説などでを読んでいる際に、文字の大きさを読みやすいサイズにセットしてから読んでいるが、一度書籍一覧に戻って、もう一度その書籍に戻ると拡大率がリセットされてしまう。
  • しおりの上限数をもっと増やしてほしい。1つの本で2つ迄というのはあまりにも少ない。ほぼ無制限にして欲しいし、しおりにメモを書けるぐらいに充実させてほしい。少なくとも、2件すでにしおりがあると警告が出た際、いちしおりを消す操作をした後、改めてしおり追加操作を実施しないといけない、というのは改善してほしい。消す操作をしたらそのまましおりを追加してほしい。
  • 書籍表示中のスライドバーの%の数字を、もっと細かい桁までの表示にするか、ページ単位の表示にしてほしい。村上春樹「村上さんのところ コンプリート版」という書籍を延々と読んでいるのだが、おそらくこれが私のスマホの画面表示で数万ページ送り(?)分もある。さきほどのしおりの件とも関係するのだが、うっかり、そのスライドバーに触れて移動させててしまったり、アプリに読んでいたページを忘れられてしまうと、元に戻るのが大変。
以上。
安心して使える上にさらに便利というポイントをドコモには加えていただきたい。