前回の記事で書ききれなかったことを書きます。

アメリカ滞在での通信事情

前の記事でも書きましたが、ほとんどのホテルでWifiが無料で提供されますが、有料のオプションも提示されることが有り、その場合無料サービスではあまり通信速度が出ない事があります。特に夜は使い物にならないことが結構有ります。有料オプションを試す手もありますが、ビジネスの場合、帰国後の会社との精算手続きがややこしくなるので、スマホやデータ端末を活用する事をおすすめします。

私はドコモスマホのローミングを試してみましたが(アメリカなら現在 930円/24H)、海外SIMも私の同僚が使っていて快適そうでした。ローミングにして海外SIMにしても、利用する際の端末自体がどれだけのLTE向け電波バンドに対応しているか気をつけて下さい。同じ機種でもキャリアや販売国で変わります。

もともとSIMフリーの端末だとたくさんのバンドに対応していることがあるのですが、以前使っていたドコモ版Xperia Z5 PremiumはLTE対応バンドが B(バンド) 1/3/19/21/28にしか対応しておらず、アメリカではあまり高速通信が出来ませんでした。先日購入したXperia XZ Premium(SO-04J)だと一気に1/3/4/5/7/12/13/17/28/38/39/40/41/42 と増えて、とくにB4/5/12/13/17に対応したことでLTE(4G)で接続出来る時間が増えました。

キャリア版でもiPhoneやNexus5Xなどは多くのバンドに対応しているようですが、Xperiaや日本メーカの端末の場合はよく調べておきましょう。

アメリカへの入国について

ESTAの申請から入国まで以下の様な事を覚えておくと良いと思います。

ESTA(エスタ)の申請

旅行会社から事前にESTAという物を申請して、入国の事前審査を受けるよう言われるかと思います。これは旅程が決まり、泊まるホテルなどが決定したら申請します。$15かかります。アメリカ合衆国のウェブサイトから申請します。ホテルは決まっていなくても、訪問先が明確になった時点でもOKです。ちなみに一回申請がとおると、以後二年間の渡航で有効になります。

申告カードの記入

飛行機の中で、申告用の青いカードをもらい記入します。フライト中に客室乗務員がたまに「お持ちですかー」と聞いてまわってきますのでその時にもらいます。目的が観光かビジネスかと、滞在先(ここは最初に行く所だけで大丈夫です)、残置するもので高額の物や生き物が無いかなどについて、基本はNoで応えていきます。(実態に合わせて下さいね)

複数の滞在先が有る場合、最初に向かうところを記載しておけば良いです。

入国・税関審査

飛行機をおりてまず最初に入国審査。質問には片言でも英語で応えられるようにしましょう。聞かれることは、
  1. ビジネスか観光か→Buissines trip(または、カードを見てビジネスか?と聞いてくることがあります。この場合はYes.)
  2. 何日いるか(How long will you stay?) →5日間ならFive days.
  3. おまえの仕事は何か?(What 's your buissines)→何をしているか応えます。単に会社員と応えるとダメで(What's kind of  your buissness?と聞かれる)、"Software engineer"とか、”Sales person of factory machine"など具体的に応えます。
最後に、右手、左手の順に、指全部の指紋と、親指だけの指紋を機械に押しつけて撮影、顔の撮影をして終わりです。手荷物をうけとり、最後に税関に申告カードを渡して終わりです。

 入国者が多いと1時間ぐらいかかることもあり、結構待たされます。並んでいた列の審査官が急にどっかに行っちゃって、10分ぐらい待ちぼうけくらったりもしますが、勝手に列を移動すると他の係官に怒られたりするので、ここはじっとこらえます。なお、審査所での携帯・スマホの利用は厳禁です。

実はビザを持っていたりESTAの二回目以降の入国だと機械で早く通過出来ることが分かりました。