しろしろ

素人のように考え、素人として実行する(ってダメじゃん!!)

デジタル・インターネット

Uberが良かった

uberlogo先日アメリカのシリコンバレーに行ってきた。

アメリカには初めて行ったのだが、いろいろ勉強になった。どんな些細な決済でもクレジットカードが使えたり、 グーグルの自動運転カーが走っていたり(しかも夜のラッシュアワー帯)、車社会ではあるが街を走るほとんどの車がトヨタやホンダやフォルクスワーゲンなどの外車ばかりで、そりゃトランプ怒るよな、とか。

で、現地で配車アプリのUber(ウーバー)を使ってみた。

出かける前から、いろんな人からアメリカの移動ではUberが良いよ、と言われていた。使ってみて確かにそう思った。
 
私から勧めたいのは、旅行前の日本にいる間にアプリをいれてアカウント登録することだ。アカウント登録時にSMSでメッセージを受け取ることが必要なので、海外に行ってからだとSMSのローミングがうまくいかなくてアカウントが登録できない恐れがある。さらに、アメリカドルで使えるクーポンを手に入れ登録するとなお良し。(2017年4月現在、ここからクーポンコードがもらえる) 

あと、ホテルなど行き先予定の住所をスマートフォン上にメモし、コピー&ペーストを使ってUberアプリで検索する練習をしておくと良い。メモした住所の形式によってはアプリでうまく検索出来ない事があるから、検索結果がでる形式になるようにメモを修正しよう。一度試しておけば乗りたいときに速やかに行き先を指定することが出来る。行き先が間違ってドライバーに伝わることも防ぐことが出来る。

現地で呼んでみた。アプリは日本語で使えるが、少しだけボタンなどの意味を把握するのに戸惑う。まずは、「どこへ行きますか」というところで、行き先を指示する。表示されているマップ上をタップしてピンを指して指定したり、住所で指定することも出来る。

次に、ピックアップ場所の指定。自分の今いる場所をGPSで指定したりや目的地と同様に地図へのピンで指定出来る。なお、多少移動しても、ドライバー側でユーザのGPS情報をウォッチしてくれてしっかり追っかけてきてくれる。運転手が止めやすそうな場所で待っていよう。

プランにはいくつかあるが、普通にタクシー感覚で移動するなら"UberX"で良い。UberBlackだと少しゴージャスな感じ?。

呼んだ車が近づくと、アプリの通知で車種とナンバーを教えてくれる。周囲を見渡して該当する車を見つけたら近づいて運転手に声をかけよう。運転手も”Are you xxxx(あなたの名前)?"と聞いてくれるのでYesと答えて、後部座席に乗り込む。

アプリで行き先が分かっているので、運転手はほとんど何も言わずに目的地に向かい出す。自分がどこにいるかもアプリで表示出来る。この辺は、英語や現地の言葉が苦手だと本当に助かる。

目的地に着いたら、Have a nice day, Bye bye.といって車をでるだけで良い。支払いは登録したクレジットカードから自動的に引き落とされる(チップは要らないとされるが、払っても良いようだ http://rp.kddi-research.jp/blog/dan/archives/10093。その場合チップは現金になる。)。明細はメールで届く。特に問題が無かったら、運転手を高評価してあげよう。
 
↓アプリの乗車ログ。乗車の最中にもアプリで今車がいる場所と、到着予想時刻が表示される。 
20170423Uber
(料金が安いのは、クーポンが適用されているから。実際にはスタンフォード大からサンノゼまで25ドルぐらい。UberXの場合。)

最初、車が来てくれるまでは少しドキドキだが、乗ってしまうと簡単だった。(フリーウェイでやたらスピードを出すのは怖かったけど)

対抗サービスとしてLyftという物もある。こちらはどちらかというと乗り合いという感じのようだ。ここ最近はアメリカでは実はこちらの方が勢いが出てきているようだ。見ている雰囲気だと、リラックス感が少し違うかもしれない。

日本においてライドシェアは、従来のタクシーを破壊するビジネスと考えられるという点も相まって規制があって、なかなか本格的には普及しないが、余っている車や空き時間を効率よく使う生産性の話と介護・高齢化などにおける交通弱者の問題への対策として規制緩和を考えてみて欲しいと思った。

乱暴な運転や料金の過剰な請求などへの対策が、今の日本での規制の目的だと思うが 、運営元がアプリ経由のユーザの評価を厳格に扱い、ドライバー側をコントロールすることが大切だと考えた。

ドコモdブックの話と要望

icon_store_book
ここ一年ぐらいで電子書籍の購入量が増えている。今新規で買うシリーズの漫画や小説のたぐいははすべて電子書籍で買うようにしている。その方が、場所をとらないし、持ち運びの手間もすくない。 

電子ブックストアはアマゾンを始め、山ほどあるけども、その中でも一番使っているのはドコモのdブックだ。

理由はいくつかある。まず、何よりも経営の安定性。実は電子書籍は購入者には完全には所有権が移っていないのだ。だからそのストアを退会してしまったらデータにアクセスできなくなり読めなくなってしまう可能性が高い。また、そのストアが倒産してしまったりしても、書籍が読めなくなって払ったお金がすべてパーになる可能性があるのだ。そこはよく気をつけないといけない。この辺は音楽配信でもそうだ。

末永く電子書籍にアクセスできる、という事を考えると、大手かつ事業継続性が確実な会社となる。アマゾン、楽天、等々となるが、アマゾンは外資で払ったお金の多くが海外に流れるので、国内コンテンツの育成、その商売の中立性を考えると携帯キャリアが良いのではと考えたので使っている。

あと、もう一つ特筆したいことがあって、dブックは結構無茶な安売りセールが多いのだ。昨年入った頃には毎月月末にポイントで半額ぐらい戻ってくるセールが連発されていて、実際に支払った額の倍の電子書籍が手に入れられていた。今この記事を書いている8月にも、20%ポイントバック、新規登録なら60%バックになるセールが開催されている。

ドコモの支払いをdカードGOLDでやっていることもあり、dポイントがたまりまくっているので、最近はそればかりで支払いをしていて、現金やクレジットでの支払いが発生していない。なので実質無料で電子書籍が積み上がっている。最近のdポイント大盤振る舞いもあり、ドコモユーザならdブックでコンテンツを買っていて間違いはないと思う。 しかし、ドコモdブックは、ドコモの回線契約がなくても会員になれて契約ができるので、多くの人にも利用を検討してもらいたい。

ただ、ユーザとしては結構不満に思っていることがある。ここでいくつか述べさせていただいて、関係者の目にとまったら是非改善についてご検討いただきたい。

■dブックが使いにくいポイント
ストア
  • 電子書籍が非常に探しにくい
まず、ジャンル分けががおおざっぱすぎて、ジャンルをクリックしたあとは、ストア内での販売実績件数で上位がずらずら出てくるだけで、自分の趣味に合わない本が続く。リアルな書店では、店頭に並んでいる話題の書籍などをザッピングして手に取ることが多いが、そういうことが全くかなわない。漫画だけでなく文芸書も含めてもっといろんな本を紹介するポータルページなどを充実させてほしい。

アプリ
  • 本が増えてくると「マイ本棚」の一覧が長くなってしまうので、自分でフォルダなどを作って整理できるようにしてほしい。
  • コミック以外のジャンルの場合のシリーズ物がアプリにはシリーズと認識されておらず、マイ本棚上でずらずらならんでしまうばかりか、続刊情報が届かない。少なくともラノベ系や推理小説のシリーズものなどをシリーズとして扱ってもらえると助かる
  • その書籍ごとの拡大率を覚えておいてほしい。小説などでを読んでいる際に、文字の大きさを読みやすいサイズにセットしてから読んでいるが、一度書籍一覧に戻って、もう一度その書籍に戻ると拡大率がリセットされてしまう。
  • しおりの上限数をもっと増やしてほしい。1つの本で2つ迄というのはあまりにも少ない。ほぼ無制限にして欲しいし、しおりにメモを書けるぐらいに充実させてほしい。少なくとも、2件すでにしおりがあると警告が出た際、いちしおりを消す操作をした後、改めてしおり追加操作を実施しないといけない、というのは改善してほしい。消す操作をしたらそのまましおりを追加してほしい。
  • 書籍表示中のスライドバーの%の数字を、もっと細かい桁までの表示にするか、ページ単位の表示にしてほしい。村上春樹「村上さんのところ コンプリート版」という書籍を延々と読んでいるのだが、おそらくこれが私のスマホの画面表示で数万ページ送り(?)分もある。さきほどのしおりの件とも関係するのだが、うっかり、そのスライドバーに触れて移動させててしまったり、アプリに読んでいたページを忘れられてしまうと、元に戻るのが大変。
以上。
安心して使える上にさらに便利というポイントをドコモには加えていただきたい。

IE 11が起動しなくなった話

IE11
しばらくの間、ほとんど使っていなかったWindows 7 Professional SP1のマシンでIE 11を立ち上げようとしたら、「Internet Explorerは動作を停止しました」とエラーが出てきてしまって立ち上がらなくなってしまった。

結論は、詳細設定の「GPUレンダリングではなく、ソフトウェアレンダリングを使用する」のチェックを入れることだった。

IE設定

「IE11」「起動しない」という検索ワードで、対処法を検索するとよく出てくるものは、
  • 閲覧の履歴を全て削除する。
  • インターネットのプロパティの「詳細設定」から「設定をリセット」を行う。
  • IE 11自体を入れなおす。つまりWindows Updateの「インストールされた更新プログラム」からIE11のアンインストールを実施して、再度IE11を入れなおす。
といったものである。

しかし、どれをやっても上手く行かなかった。何かDLLなどのコンポーネントのファイル自体が破損してしまったのかもしれないと思って諦めてた。いや、仕事で使うPCでしかもIE11じゃないと業務システムが動作しないのだ。困った。

ところが、しばらくしてからリモートデスクトップでそのマシンにアクセスして、何気なく、本当に何気なく、IEを立ち上げたら立ち上がった。

しばらく、何の支障もなく立ち上がっていることに気が付かなかったぐらい普通に使えていて、「あれ、使えてる」と思いだして驚いた。冷静に考えてみて、画面に直接描画しない場合には起動するということは、画面のドライバ周りかなと考え出したあたりで、確か、詳細設定の設定になんかそんな項目があったなと思い出して、冒頭の「GPUレンダリングではなく、ソフトウェアレンダリングを使用する」の設定をしたところ起動した。

しかし、起動しなくなったきっかけが全く思い出せないのだが、再び使いだした時に大量にあてたWindows Updateのどれかに問題があったのかもしれない。
いままで、運が良くてあまりデバイス系のトラブルに当たったことはなかったけど、PCが古くなってきたということか。

もし、みなさんもお困りの際にはお試しください。

ノイズキャンセリングヘッドセットSONY MDR-EX750NA

少し前に、SONYのハイレゾ対応ノイズキャンセリング・ヘッドセットMDR-NC750について書いたけど、今度は、MDR-EX750NAについて試すことが出来た。
 MDR-EX750NA

MDR-EX750NAは、MDR-NC750と同じハイレゾ対応ノイズキャンセリングヘッドセットだ。MDR-NC750は、スマートフォン本体の処理でノイズキャンセル処理を行なうが、こちらはケーブルの途中にあるボックスで処理を行う。そのため、Xperia Z5シリーズだけでなく、様々なスマホに使える。一方、充電式の電池ボックスが付いている。
 
以下、MDR-NC750との違いを中心にレポートします。

■総論
値段の違いもありますが、MDR-EX750NAの方が全体的に良い気がしました。音質が良いのが一番の理由ですが、その他にもケーブルの取り回しや全体的な使い易さなどもあります。お金が許すなら、MDR-EX750Aを買うのが良いと思います。問題はカラー展開ぐらいですかね。グレーのみというのは少し地味な気がします。

■非NC(ノイズキャンセル)処理時の音質
ここはあまり変わらないように感じますが、MDR-EX750NAの方が低音域などがよりしっかりしている気がします。9mmドーム型ドライバは同じと思いますが若干形状が違うように見え、違いがあるのかもしれません。

■NC処理
結構差がある
  • キャンセル性能はMDR-EX750NAの方が圧倒的に良い。明らかにノイズの消し残りが少ない。
  • さらに、入力信号にもイコライズがかかることで原音が少しゲインされる感じもあり、MDR-NC750よりもさらに音楽に集中できる。
  • MDR-NC750の場合は最適な性能を得るために、今、電車乗ってるのか、部屋にいるのかなど、音響的なシチュエーションを自分で選択する必要があるが、MDR-EX750NAの方は「フルオートAI(Artificial Intelligence)ノイズキャンセリング機能」でそのような選択の必要はない。
■ケーブルやユニット
  • MDR-EX750NAは、ケーブルが厚めにコートされているセレーションケーブルで、絡まりにくい。LR分岐以後に小さいリングがついていて使用しない時はこれをイヤホン部まで上げて、2本のケーブルを束ねることで更に絡みにくい。MDR-NC750は、ケーブルが柔らか過ぎて絡みやすかった。
  • ジャック部分がL字になっていて根本の部分が引っかかりにくい。MDR-NC750では、ジャック部分が真っ直ぐでスマホを持つときに服などに引っかかることがあり、取り回しに難を感じていた。
  • 電池ボックスがあり邪魔なのかと思っていたが、案外気にならない。電池は連続で6時間もつ。電池切れになってもNC処理をOFFにしてパススルーにすることで普通のヘッドフォンとして使えるのでそんなに恐れることはない。
  • 途中に、マイクとコントロール用のボタンが付いている。ボタンで音楽再生のオンオフができるのでこれもさり気なく便利。
■その他
  • 持ち運び用のポーチが付いている。チャックや巾着ではなく、携帯灰皿の様に口の両端を潰すように押すとパクッと開くタイプ。持ち運びの際の痛みと絡みを防いでくれる。
選び方としてはお金に余裕が有れば、MDR-EX750NA。電池ボックスのデザインに納得行かなかったり、XperiaZ5のプレミアム感を感じたいが少し安く済ませたいのなMDR-NC750を選ぶという感じです。MDR-NC750でもノイズキャンセル性能はかなり良かったと思います。

gaccoの動画をAndroidでダウンロードする

gaccoというMOOC、オンラインの講義サイトがある。このサイトでは、多くの講義で動画コンテンツと字幕をダウンロードして、オフラインで見る事ができる。

Androidスマホやタブからも講義を視聴できるのだけど、標準ブラウザの Chromeだとスマホ用画面になってしまいスマホ用画面だとダウンロードリンクが表示されない。Chromeのメニューから「PC用画面を表示」にしても、スマホ用の画面が出てきてしまいやはりリンクは表示されない。PCから一度落としてスマホに転送しても良いが、まどろっこしいのでなんとかしたかった。標準のchrome以外のブラウザを使うとダウンロード出来たのでchipsと合わせて紹介する。

■準備:準備として以下のアプリを入れよう
・FireFox:ブラウザ
・LoaderDroid:ダウンローダ(任意)
ダウンローダアプリを入れておけば、一度に複数の動画のダウンロード予約を行い、Wifi接続時のみのDLや失敗時の再DLなどを管理してくれる。LoaderDroid、ダウンロードアプリの中でもとても使いやすい。
■手順
1.Firefoxでgaccoにログインして所望の講義のビデオページに行く。この時、画面はスマホ用の画面となっているはずである。

Screenshot_20160306-220900



 
2.Firefoxの右上のメニューから「PCサイトモード」にチェックを入れて、PC版の画面を表示させる。Chromeだと、これが出来ない。
Screenshot_20160306-221409
Screenshot_20160306-221417←チェックを入れたら講義リストが左に表示されて、PC向けの画面になっているのがおわかりだろうか?
 
3.ページ内ビデオ枠の下の「ビデオをダウンロード」を長押し。現れたメニューで「アプリケーションから開く」でLoaderDroidを選択または、「LoaderDroidアプリを使用して開く」を選択。後はダウンロードが進む。
Screenshot_20160306-221745←ビデオをダウンロードボタンを「長押し」です。クリックだとブラウザの中で動画が再生されちゃいます。
Screenshot_20160306-221754

 Screenshot_20160306-223752

なお、DLした動画の視聴には「BSPlayer Free」というアプリを使っている。倍速再生が出来るのはもちろんだが、余分な機能が少なく、かつスマホを縦にした状態で視聴ができる(ランク上位の動画再生アプリでは意外とこれが出来ないことが多い)。さらに「ポータルウィンドウ」という常に最前面でメモを書き込めるアプリでメモを取りながら見ている。これで学習効果を高めることが出来る。

動画のようなコンテンツは通勤時間など出来るだけスキマ時間を使って見たほうが効率が良い。特に、gaccoの動画は10分程度の短い時間に区切られているので、移動中の視聴がちょうどよい。