しろしろ

素人のように考え、素人として実行する(ってダメじゃん!!)

日記・エッセイ・コラム

三菱電機冷蔵庫 MR-B46C を買った

新しい冷蔵庫を買った。今回冷蔵庫を買うにあたって気にしたのは、以下のポイント。
  • 容量
  • 冷凍庫の容量
  • それなりに安心感のあるメーカー
の3点。買うことになったきっかけは、長年使い続けてきたシャープの両開き冷蔵庫SJ-WA35Cが水漏れするようになってしまったから。リコールなんかもあった機種だけど、これまで故障はなかった。

そろそろ、故障するかもなと考えた矢先に水漏れしだした。やはり20年というのが家電の耐用年数なのか。

今回のメーカーはモーター系では安心の三菱電機製。それがたまたまヨドバシで安売りされてて、本当は下見のつもりだったけど、即決だった。ポイント分を勘定したら約15万円で購入できた。

この機種は、60センチのスリム幅でありながら容量が455Lもある。その代わり少し高さがある。でも以前の機種から、100L以上(以前の機種の容量は345Lだった)増えたので、これまでキュウキュウに詰めていた状況がかなり余裕を持って収納出来る様になった。

MR-B46C

冷蔵庫を選ぶにあたっては、真ん中の段に野菜室を選ぶか冷蔵庫を選ぶかというポイントが有るけど、我が家は生協の宅配で週にまとめ買いすることが多く、冷凍食品の扱いが良い方がよかったので、真ん中冷凍庫の容量も大きめの本機種を選ぶことになった。

冷凍室には、切れちゃう瞬冷凍という、包丁が入れられる冷凍機能や自動製氷機能がある。自動製氷機能は今時当たり前なのかもしれないが20年前にはこのクラスの冷蔵庫では無かったんじゃないかと思う。肉などを氷点下でギリギリ凍らせないで長く保存したり、LEDライトで野菜を長持ちさせる「朝どれ野菜室」という機能もある。

温度設定は、扉にあるタッチパネルで操作する。室毎に細かく設定が可能。各種機能のオンオフもこちらで設定。

MR-B46Cfront

これだけ容量や機能があって、年間消費電力は250Kwh。これまでの冷蔵庫は450Kwhだったので、約半分になった。約19年という時間による進歩を感じます。

今のところ特に気になるところはありません。強いて言うと、本体全体が冷えるまで微妙に音が高めだった程度。安定したらほとんど気になりません。

CPAP法(持続陽圧呼吸療法)での睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療

前の話:睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査とCPAP法の治療を受ける

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の代表的治療法には、マウスピース法と、外科的治療、そしてCPAP法がある。マウスピース法は軽症の場合に適していて、入れ歯のようなマウスピースを寝るときに装着して起動を確保する方法。外科的治療には、気道を広げるために上顎と下顎を広げる手術や、いわゆる「のどちんこ」を切除する方法などがあるのだけど、日本ではあまり行われていないそうだ。

CPAP法は重症の場合の対症療法の立ち位置。私もこれになりました。簡単にいうと、寝るときは呼吸器のようなものを装着し、鼻から空気を圧力をかけて送り込み気道をひろげる。結構大がかりに聞こえるのと、対症療法なので、これでSASが治るわけではないので、機械を外して寝れば症状がでてしまう。先生には一生物だと言われたのですこしがっかり。実は友人が以前、無呼吸症の検査受診と治療としてマウスピースを作っていた事をFacebookで書いていて、自分もその程度ですむかなと思っていたので少しショックが大きい。

外科的治療法以外には抜本的な方法は少ないようだけど、肥満の状況にある人は痩せると良いそう。私も中年太り取り気味ではあるけれど…。

さてさて、呼吸器のようなものということで私も最初は大がかりで業務機器的なものを想像したけど、以下の写真のような案外、ライトな雰囲気の機械でサイズも辞書ぐらいのサイズです。

DreamStationBody

マスクは以下の様な物です。いくつかタイプがあるらしく。私のは、鼻だけを覆うタイプです。

CPAPMask

装着すると以下の様な良い雰囲気なイメージ。バットマンのようなイメージですな。筆者はこんなに渋いイケメンではありませんが。

CPAPPackage

これらをつなげて、装着。

DreamStation


付け心地なのですが、鼻から強制的に空気を送られるので少し慣れが必要。機械はなかなか賢くて息を吸うタイミングを感知し、それに合わせて圧を高めようとする。でも、口を開けると鼻の裏側から口に空気が抜けてしまい肺に空気が回らない。

なので、少し鼻が詰まっていたりして息が苦しい感じがしても、口を閉じて寝る必要がある。寝ている最中に口をあけると、口から空気が抜けてゴワーッって空気が吹き出てくる。結構な勢い。

でも、うまく付けられているときは呼吸をサポートしてくれるので息をするのが楽な感じがする。電動アシスト付自転車の様な感じ。息を少し吸うと勝手に息が送られてくるというか。いままで苦しくて何気に横向きに寝ていたけど、CPAPの機械を付けるときは仰向けに寝た方がより楽に呼吸できる気がします。

ただ、寝ている最中に無意識にマスクを外してしまうことがある。鼻づまりなどで息苦しくなったり、寝汗やかゆみで無意識に外してしまうんですね。

このあたり、使用状況を機械は記録できるようになっていまして、SDカードに記録されていきます。この機械はレンタルでして使用料を払う意味でも毎月診察を受けに行く必要があるのですがその際にSDカードからデータを読み出してグラフを見たりすることで治療がうまく言っているか確認出来ます。

この機械を受け取るときには、再度入院します。これは、実際にCPAP法が効果があるかを確認するのと最適な空気圧を範囲を調べるため。またしても体中に電極を付けて、頭からネットをかぶって就寝。その後設定を調整された機械を持って帰宅。

再入院検査時のCPAPの結果ですが、酸素マスク物だと言われた血中酸素飽和度はほぼ平常値になり、一時間あたりの無呼吸低呼吸の回数は3.5回(当初50回/時以上)、ノンレム睡眠のstageのうち、極浅い眠りのstage1の時間は減り、それより深いstage2の時間や、より深いstage3の時間が0だった物が10分ほど観測されるようになり睡眠の改善が確認された。

しかしこれまでほんとに浅い眠りしかしていないことが思い知らされたりした。

SASCPAPKensa

CPAPを始めてから一ヶ月ほど経っています。朝起きたとき劇的に疲れがとれているという体感は思ったほどないのですが、日中帯にぼんやりしたり、なんとなく眠くなったりということが無くなった気がします。

家族によると、ひたすらうるさかった「いびき」は、全くかいていないとのこと。上のマスクのパッケージの写真のように、SASの治療は一緒にすごす家族にも幸せということかもしれない。

あと、一晩に一度はトイレにいっていたのですが、CPAPを始めてからは行かなくなりました。先生によるとこれもCPAP法により睡眠が深くなっていることによる効果なのだそうです。

ちなみに私のCPAPマシンはフィリップス社製DreamStationという名前なのですが、スマホのアプリがあり、簡易的に記録を参照することが出来る。下記の様に、毎晩のAHI(無呼吸・低呼吸の一時間当たりの頻度)が分かるのでこれを参考に本体をより使いこなしていくことになる。

Screenshot_20180120-171937

Screenshot_20180120-171931

また、いろいろわかった事があったりしたら投稿します。

前の話:睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査とCPAP法の治療を受ける

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査とCPAP法の治療を受ける

いくつか病院にかかったネタを書いてきたけど、今回は少し重い話。
(続き:CPAP法(持続陽圧呼吸療法)でのSASの治療

なんと、睡眠時無呼吸症候群(SAS)と診断されてしまった。バスやトラックが居眠り運転事故を起こしたりした時によく話題になる睡眠障害の病気です。しかも結構、重度の症状とのこと。

事の始まりは宿泊人間ドックのオプションで簡易版の睡眠時無呼吸症の検査を受けたこと。数年前から「いびき」がひどいと家族に指摘されていて少し気になっていた。あと、寝ている最中に呼吸が止っている時があるという話を家族から聞いていたからだ。

この簡易検査の結果は、一時間あたり22回も無呼吸だったり低呼吸の状態という結果だった。つまり寝ている間、3分に1度は息が止まっているということ。もっと衝撃だったのは、最大で85秒も呼吸が止まっていたということ。プールで潜水したりして息止めたりすると40秒を超えた辺りからつらくなってくるけど、まさかの一分越えとか。というか、3分に一回、1分以上息止まってるってことは、寝ているとき半分くらい息してないって事?ということで、これは確かにやばいなと考えて病院に行くことにした。

SAS簡易検査
この検査結果ついて、紹介状と一緒に送られてきた説明書では数字としては中程度の無呼吸症ということなのだが、この後もっとひどいということが判ることに。

ネットで検索したら幸いにも割と近所に睡眠時無呼吸症にも詳しい呼吸器科のクリニックを見つけたので行ってみることにした。

無呼吸症について、病院の先生からは心臓発作や脳梗塞になるリスクがあるといわれつつ、精密検査をしましょうということですぐ一泊入院検査を申し込まされる。ちなみに検査は混んでいて、予約は一ヶ月以上先になった。無呼吸症の専門クリニックでも入院検査設備が無いケースも有るようですが、このクリニックの場合は設備を備えててすぐ予約までとれたのはラッキーだった。

さて、入院当日。検査は一晩寝て、睡眠時の呼気、脳波、手足の筋電、胸とお腹の動きを調べる。胸とお腹の動きを見るのは、動きで呼吸が出来てるかを調べるため。頭に電極を付けた上で、寝返りをうっても外れないようにするためにネットをかぶるので、すこぶる格好悪い。

寝心地が悪いのは我慢してとにかく寝てしまう。

検査結果を聞きに再度病院に行く。結果は、簡易検査の時よりももっと悪く、一時間あたり無呼吸低呼吸回数が52回、約6時間の中で300回も無呼吸だったり低呼吸な状態だった。

SAShonkensa


あと、脳波の状況から、深い眠りの状態である、stage3,stage4と呼ばれる段階に至る時間が全く無いことが分かった。つまり無呼吸による低酸素状況に対応して体を動かそうと指令を出すために、ほとんど脳が休めて居ないという状況。動脈血圧酸素飽和度も最低で74パーセントという数値で、これはどれくらい低いかというと、普通の病気で85パーセントを下回ると酸素ボンベによる酸素吸入をする値で、体にも相当負荷がかかっている状況だという。

診断としては重症(一時間あたり30回以上の無呼吸低呼吸回数)の睡眠時無呼吸症ということだった。簡易検査はやっぱり簡易だったのだ。

睡眠時無呼吸症候群というと高速バスやトラックの運転手が話題になりはしたが、まさか自分がという気持ちになる。

実は自覚症状はほとんど無かった。もともと子供のころから寝付きがよくない事もあり、多少睡眠時間が短くても、昼間に居眠りすることはまれだった。退屈な会議でも平気で起き続けられる体質です。無呼吸症の症状で、よくあるじっとしているとすぐ寝てしまうという事は有りませんでした。

なので、重症といわれてもちょっとピンと来ません。でも、最近寝ても疲れがとれてないというか、起きたときむしろフラフラという状況があり、年齢や日頃の疲れのせいかと思っていたのですが、無呼吸で体に負担がかかっていたせいだったのでしょう。寝ると疲れてしまうとはあべこべです。

でもここで分かって良かったと思っている。睡眠時無呼吸症の問題は、疲れや眠気が残って昼突然眠りに落ちるということだけでは無いのだ。実は怖いのは、高血圧や心疾患、糖尿病など生活習慣病との合併症リスクが高いと言われている。(こちらに、睡眠時無呼吸症候群の症状をまとめた)

実は自分はここ数年、健康診断等で血圧が高くなっていると言われ続けていて、できるだけ塩分を控えたりするようにしていたのだ。でも、どんどん上がる一方でそろそろ薬かなと思っていたので、この睡眠時無呼吸症候群の診断で、これが原因だったのかと思った。人間ドックでは糖代謝にも陰りが出ていたので、これもSASのせいかもしれない。

さて、治療法はというと、私の場合は閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)で重症の場合CPAP法(シーパップ:持続陽圧呼吸療法)となります。これは、寝ている最中呼吸器のようなものを装着し、鼻に空気圧をかけて気道を強制的に広げる方法。

これつについては次回

リンク:睡眠時無呼吸症候群の症状

バケツ稲にチャレンジ中

バケツで稲を育てられるらしい。という事でチャレンジしている。食育などを目的に農協がやっているのだけど、種もみを簡単な解説書と一緒に配っている

使うのは10L~15L程度の普通のバケツ。あと、土も用意しなくてはいけない。黒土メイン、赤玉、鹿沼土。一応添付の解説書に書いてある。ちなみに、うちでは、園芸で使った土で、なんとなく黒目の物を適当に集めて使っている。

あと、最初は雀よけ(植えた種を食べに来るらしい)に、アミのような物が有った方が良いようだ。うちでは、虫取りアミを使った。バケツの口にちょうどはめる感じで被せる。

最初は浅い皿で、温かい部屋で発芽をさせる。発芽してきたら、土と水を張ったバケツに入れて、芽を伸ばして苗にする。

201705種まき

↓網を被せると下のような感じ。
201706網

今日は、田植えをした。田植えと言っても本当に田んぼに植え替えるのではなく、育った苗を一度、抜いて、数本束ねてまたバケツに植え直す作業。このときに間引くのだが、間引きの対象にした物は比較対象として、別の小さいバケツに植えてみた。

20170604田植え

ちなみにバケツの大きさと土は深さがポイントらしい。深いとよく根が伸びて、大きくなるらしいそうだ。

途中経過や結果はまた投稿するかも知れません。

タイムズカープラスを使う

タイムズのカーシェアサービスがとても便利でリーズナブルだという話。

車を手放して一年経とうとしてるのだけど、やはりたまに車が使いたくなることがある。レンタカーもそんな時の手段だが、私はタイムズのカーシェアリングを使っている。タイムズとは100円パークでおなじみのタイムズである。

レンタカーとカーシェアリング の違いは何かというと、

* 借りる時間、返す時間の自由度が高い
* セルフサービスが基本
* 会員制(月額1030円の会費がある)

といったところ。

使い始めて驚いたのは、ものすごい便利さ。ポイントを挙げるとキリが無いのだけど。まずスマホからでも予約が簡単で変更もし放題。変更もキャンセルも一分前まで出来る。なので、少し遅れそう、とか、早めに出たくなった、と思ったらすかさずスマホから予約変更。レンタカーとは次元の違うレベルの気楽さ。
 
清算は予約した時刻から返した時間(15分刻み)まで。予約時に余裕見て長めに予約しても、返した時間迄分しか取られない。空き待ち登録しておくと前の方が返してくれたら連絡ももらえる。予約開始時間も前述の通り、ギリギリまで変え放題なので無駄はまず出ない。

さらに、私の生活圏にステーション(車が置かれているところ)が多くて借りられないと言うことがまず無い(これはたまたまかもしれないけど )。

楽しいのは色々な車種が運転出来る事。あるのはコンパクトカー中心だけど、インプレッサやプリウスなんかもある。荷物運ぶにはボックスカー、買い物はノートやアクアといった使い方もできる。私はハイブリッドが好きなのでアクアをよく使います。

先日は仕事の用で郊外の駅の近くのステーションからカーシェアで目的地に向かった。電車で最寄り駅までの移動中にスマホで予約をした。タクシーより安くて、バスより時間の無駄がない。会員カードを常に持っておく事によるメリットだ。

これだけ便利でも料金は15分206円。週末にしか使わない車を買ってメンテするのに比べれば圧倒的にコスパは良い。おすすめは夜間パック。18時以降なら6時間2060円+パックの場合距離料金が少しかかるが通常料金より更にお安い。夜に買い物ついでに食事みたいな感じで使える。なお、月額会費1030円は、その月内に利用料金が発生していればそちらに充当される。携帯電話料金より良心的。

レンタカーは自分で最後ガソリン満タンにする必要あるけど、これも不要。ガソリンが少ないなと思った人がガソリンを入れにいく。ガソリン代も前述の料金に含まれていて、ガソリンを入れるときには車に備え付けの専用カードで入れるので自分は支払わなくてい。むしろガソリンを入れると15分の無料クーポンがもらえる(まあ、給油で10分ぐらいはかかるので当然といえば当然だが)

ETC装置もあるので、ETCカードを持っておけば有料道路も便利に使える。 

以上いろいろ書きましたがとにかくケチ臭さを感じない、ユーザーファーストなサービスで、もっとエリアがが広がってくれればと思っています。

タイムズカープラス:
https://plus.timescar.jp/ 

↓会員証はICカードで下の窓にあるところにかざすとロックが解除されます。
DSC_2261

↓通信カーナビになっていて、コンソールから予約の延長(もちろん後ろに次の予約が無いことが条件)も可能。予約時に目的地設定を済ませておくことも出来る。
DSC_2262

↓鍵はダッシュボードに入っている。この機械から抜くと利用開始となる。
DSC_2301

↓返却すると利用時間、移動距離が表示される。ほぼ同時に登録メールアドレスに返却証メールが届く。
DSC_2302