しろしろ

素人のように考え、素人として実行する(ってダメじゃん!!)

日記・エッセイ・コラム

廃車時に住民票や戸籍の附票で苦労したこと

 自動車税の支払い時期になりますが、それを目前に16年になろうとしてる車を廃車にする手続きをした。
3e16fce28f7b53667eb312f9427b1bc3_s

関連記事:車を手放し家計に優しく便利なカーシェアを使う話

車を廃車にしたり譲渡するには、車検証の住所と自分の住所が同じであることを示し、車の所有者であることを証明する書類が必要である。しかし、私は初回登録から今の今まで、車検証の住所を変更して来なかった。このような場合、自分が車検証の住所に住んでいたことを住民票(前の住所も載っている)などで証明するのだが、それで少し困ったことになった。私の場合は複数回転居していたため住民票では車検証記載の住所に居住したかがわからず、転居の履歴が分かる書面として「戸籍の附票」(ふひょう)を準備してくれと言われた。

戸籍の附票というのはその戸籍にある時の住民票の住所の履歴が記録されたいわば住所遍歴のリスト。何年何月何日から何年何月何日までどこそこに住んでいたという事が記録されている。通常ならこれひとつで証明終了。
でも、私は以下のような状態。
  1. 車を買ってから転居3回
  2. 最後の転居と、戸籍の移転がほぼ同時で7年前
  3. 最初の転居は10年以上前
  4. 前の戸籍は私が抜けた時点で除籍されている
私の問題は二点目と4点目。実は附票には、その戸籍にある時の住所の履歴しか記録されない。それ以前の戸籍時代での住所の履歴はその以前の戸籍に記録されている。なので今の戸籍の附票には、車検証の住所が記載されていない。前の戸籍も確認する必要がある。

ところが、誰もいなくなった戸籍は除籍と言って、戸籍ではなくなる。戸籍の附票も「戸籍の附票の除票」、通称「除附票(じょふひよう)」というものに変わる。

で、役所にはこの除附票の保存期間が5年間しか義務付けられてないのだ(除籍本体はずっと残る)。よって、私も保存期限切れということで前の戸籍のある市役所で「戸籍の附票の除票」は取得できなかった。

これでは、廃車も何もできないではないかと困った。で、どうなったかというと、まあ、廃車代行にはよくあることらしく、
  • 現住所の住民票
  • 今の戸籍の附票
  • 前の戸籍(除籍)の謄本(いつからいつまでそこに籍があったかが記載されている)
  • 除票の附票の廃棄証明書(裏メニューなので市役所の窓口で直接お願いをした)
を、準備してさらに、
  • 誓約書(理由書と言ったりもするらしい)
なるものを書いた。書式は廃車代行からもらった。これは、
  • 住所変更してなくてすみません。
  • 住民票とか集めたんですが、住所を示すもの全部は集まりませんでした。
  • 住所の履歴は次のとおりなのは確かです。
  • 次からはちゃんと手続を滞りなくするんで、今回は申請を認めてください。
というような要旨の文と、住所の履歴を書いたものである。

住んでいた住所とその時期を記載することになる。なので、住所の遍歴だけはなんとか思い出さないといけない。自分は幸いにして、Evernoteに古い住所などをメモっておいたので書き出すことが出来た。まあ、多少間違っても、まず怒られはしないと思うが。

ひとまず上記で車は引き取ってもらえた。雰囲気的に、今の附票で、戸籍の転籍が五年以上前だって分かれば、わざわざ除籍の書類は要らない様な感じではあったので、本当はもっと楽に済んだのかも知れない。
まあ、前住んでいた場所の役所まで出向いたりして大変だったけどこれで今年の自動車税を払わなくて済んだので良かった。

関連記事:車を手放し家計に優しく便利なカーシェアを使う話

京浜工場夜景とみなとみらいクルーズ


週末限定で17時スタートと19時スタートの二便がある。三週間ぐらい前から予約してたけど、19時からの便はとれなくて、17時の便になった。基本的に予約が必要。

船は、横浜港の遊覧船の中では小さい方のクルーザー。というか漁船かと思うぐら小型の船。他の遊覧船に無いポイントとしては、船の船首に座れ、進行方向真正面に遮るものなく風景を見ることができる席が有ること。途中、後部の座席にいた人も、結局は前に出てきてその席の横で立ってみていたので、落ち着いて見るにはこの特等席的な席を確保するのがオススメ。この席は2列、8~10名分くらいしか無いので、予約をしているとしてもチケット販売開始時間の30分以上前から、先頭になるつもりでチケット売り場に並ぶのがよい。

出港は山下公園。シルバーウイークの頃、つまりは9月下旬だったので、17時だとまだ明るくて、あんまりナイトという感じはしない。大桟橋の横を進み、しばらくは首都高湾岸線に沿う京浜運河を進む。

 DSC_1388
DSC_1391

しばらく行って扇町のJFEの工場の先、扇島の製油所が見えて来たところで、折り返し。
 
DSC_1407
 
次は細かい運河に入る。まず、塩浜運河。東亜石油の精油所。
DSC_1420
 
次に、田辺運河にはいる。この辺りから暗くなってくる。田辺運河の奥のにある化学工場。

DSC_1467

運河を抜けて、また京浜運河にもどり、みなとみらい方面に。鶴見つばさ橋とベイブリッジ。実はYokoHamaのYとHを表すとのこと。
DSC_1480

大黒ふ頭が綺麗だ。暗い上に船がかなりの高速で移動するので、スマホのカメラでは全くブレてしまう。
DSC_1502
 

最後はみなとみらいを通る。ここでは少し船を止めてくれるのできれいな写真が取れる。
DSC_1533

というわけでした。ガイドの方によると、冬はもっと空気が澄んで綺麗に見えるとのこと。その代わりとっても寒いのでダウンコートなどをしっかり着込んできてくださいとのことです。

全体的な感想ですが、どうしても、運河の真ん中から眺望になるので、工場夜景として幻想的な風景に浸りきれるほどの感じではないです。工場夜景の写真集のような風景の写真をとるには、望遠のレンズが必要かと思いました。しかし、普段見ることが出来ない場所からの眺望と、知らなかった工場の情報など、レアな話が聞けますし、最後のみなとみらいの部分は建物の直ぐ側を巡りますからムードも結構いいですから、ちょっとしたイベントとしては結構いいと思いました。

最後に、マリンタワーに登りました。
DSC_1545
 

伊豆シャボテン公園が案外良かった

シルバーウィークに伊豆に遊びに行った。

伊豆のテーマパークといえば、ワニバナナ園かシャボテン公園と相場が決まっていて、例に漏れずシャボテン公園に行ってきた。大人的にはあんまり期待してなかった。

でも、予想に反して結構楽しめた。

まず、温泉に入ることで有名なカピバラさんが、とぉーーーってもキュートでした。癒やされすぎでした。

↓まず、露天風呂(今は湯ではなかったけど)の前でエサをあげて癒やされます。よく食べる。もりもり食べます。
DSC_1562
別のところに行くと、今は生まれて間もない3匹の兄弟?親子とふれあう事が出来ます。

↓人間に警戒心が全く無く、人の間をチョロチョロと動きまわってくれます。そして、体を撫でさせてくれます。
DSC_1580
子どもたちも結構相手してくれますが、お母さんらしきカピバラが見えなくなると、ピイピイ鳴いて、探し回ります。そのかわいらしい姿にも、とってもグッと来ます。

ちなみにうさぎを飼っていたことがある人は知っていると思いますが、うさぎは腰のあたりを揉むとすごくリラックスします。カピバラも、やはりげっ歯類なのか(カピバラはネズミの仲間なのです)、腰のあたりを揉むとしゃがんでくつろいでくれます。上の写真の女の人が揉んでいるあたり。

↓仔カピバラさんが、池に入って泳ぐ姿もとてもかわいらしい。
DSC_1575
DSC_1574
とにかく、カピバラという動物のあまりのノンビリさに、癒やされまくってしまいます。この動物と触れ合いに来れただけでも、入園料の元が取れた気がしてしまいました。

↓もちろんシャボテン公園なので、サボテンもたくさんあります。温室のルートの先には、小さいサボテンの好きなものを好きな鉢に入れて持って帰れる(お金はいるけど)コーナーがあって、そこもよく出来ていました。ちなみに、サボテンが人の頭ぐらいに大きくなるには30年ぐらいかかるものもあるそうで、写真の下にあるものは推定130年ぐらいと書いてありました。すごい。
DSC_1570

他の動物や鳥なんかもいます。鳥のコーナーでもカピバラと同じように触れることが出来ます。そこはその区画全体を囲うような大きなネットが張ってあって、その中に入り、間近で鳥が飛んで移動するところを見ることができます。なかなかすごい。最近の動物園(植物園?)の流行にもれず、生態を直接観察しながら、ふれあうことが出来てとても興味深かった。

あと、ここでも入園の時に写真をとられて、後で買わないかと言われる。でも、一味ちがうのは、小さいカードサイズの写真はタダでくれるのだ。もちろん、大きい写真は有料だが、これは悪い気がしなかった。

他にも、古い施設のわりに園内全体に清潔感があり、特に動物が多い割には、動物園特有の臭さがほとんど無い。鳥のコーナーでもほとんど糞の匂いを感じなかった。それだけ、丁寧に掃除等をしているのだと思う。なので、不快感をほとんど感じず、リラックスして楽しむことが出来たのだと思う。 

連休のまっただ中で天気も良かったが、程よい人入りで激混みすることもなく、のんびりとしながらも飽きずに過ごすことが出来ました。とてもオススメなところです。

↓伊豆高原ということで、駐車場からの眺望もなかなか良かったです。
DSC_1619

 

Splatoonにハマりまくり

イカがインクを射ち合ってナワバリ争いをするという、意味不明なWiiUのゲーム、スプラトゥーン。CMや、プロモの動画をみて気になってしまい、6月入ってすぐに買ってしまった。メディア版は、品切れとなってしまっていたので、ダウンロード版を買いました。
splatoon_logo 
これがものすごい中毒性。一人用のモードもあるけど、基本はネット対戦。インクの出る銃(ローラーなんかの時もある)を持って、撃ち合って、床を多く塗ったほうが勝ちというゲーム。撃ち合いのゲームなんだが、あまりにも面白くて、寝不足気味。

とにかく、絶妙なゲームバランスで、1対戦3分間のプレイにひたすらハマり続けてしまう。
DSC_1245
基本は4対4での3分間の対戦の「ナワバリバトル」。フレンドでチームを組むこともできるが、12歳未満の場合はMiiverseのフレンドが作れないので、多くの場合、基本は対戦ごとに全く見ず知らずのメンバーとのランダムなチームマッチング。マップもランダムなので、これといった必勝法がないのが、面白くしている。

仲間とチャットなどでコミュニケーションが取れるわけでは無いので、ゲーム上の動きだけが全て。たま~に息があうプレーヤが現れるとすごく嬉しい。
DSC_1241

 とにかく、撃って、撃って塗りまくる!ビチョビチョ。水鉄砲で遊んでいるような感覚だが、マップごとの戦略や所持している武器毎の戦術などを考えながらやるのがすごく面白い。
DSC_1251
どちらのチームが多く塗ったのかは、この猫が判定。結構、対等な試合が多く、0.1%の差になることもある。マップの状況を見ながら判定が下るまで、ドキドキ。ただ、自分は射撃の操作がイマイチなのか、やや負けが多い気がする。

DSC_1252
勝つとみんな大喜び。負けると、地面を叩いて悔しがる。キャラクタのセンスが、ポップで、これまた良い。

今日の夕方までは、「フェス」といって、お題「朝ごはんはパン派?ごはん派?」という選択肢でチームが分かれて24時間、お祭り。

なんか、スカッとしたい人は、このSplatoonをやるためだけに、WiiUを買っても良いかもしれない。というかそれぐらいオススメ。

テレビを捨てる(家電リサイクル)

アナログの最後の砦であったケーブル・フレッツテレビ等でのアナログ変換が先日終了し、地上波が映らなくなってしまったので、古いテレビを捨てた。ブラウン管ではあるが、21世紀になってから買ったものであり、BSは720pが映るものだったけど、大きくて場所も取るだけだったので捨てることにした。

テレビを捨てるには、今は「家電リサイクル法」等で定められている方法で処分しなくてはならず、普通の粗大ごみ等では扱ってくれない。捨てるには少し手順がいる。詳しくは経産省のこちらのページで

一番簡単なのは、その機械を買った店や、買い替え品を買った店で引取を申し込むことが出来る。

今回は家電リサイクルの回収施設に直接車で持ち込むことにした。他の手段としては、販売店に依頼する、または、メーカーに依頼する形で自宅まで回収に来てもらうという方法がある。

手順1 家電リサイクル券を買う。
回収施設のその場で料金を払うのではなく、まず郵便局に行き「家電リサイクル券」を買う必要がある。下記の写真のリサイクル券にあるように、買うときには、どのメーカーのどれくらいのサイズのテレビ(xxインチ)を伝える必要がある。うろ覚えで行くと忘れて危ないので、きちんとメモして出かけたい。ちなみに、29インチだったので、料金は2916円。郵便局の手数料も合わせて3000円強かかった。少し高い。

20150501_tv


手順2 テレビを回収施設に持ち込む
手順1で購入した家電リサイクル券と、捨てるテレビを持って、施設に行く。清掃局の施設ではなく、運送会社の倉庫のようなところが多いようだ。多分そこからリサイクル工場に搬送するのだろう。

今回行ったところは、きちんと道端に家電回収施設であるノボリが立っていて、施設に乗り入れると、回収場所までの案内がきちんと出ていた。車でそのまま回収場所につくと、数人の男の人が来てくれて、あっという間にブラウン管の重たいテレビを持っていった。リサイクル券も特に内容を吟味されず、控えを渡される。車を停めてから、回収完了まで1分かからなかったと思う。