しろしろ

素人のように考え、素人として実行する(ってダメじゃん!!)

日記・エッセイ・コラム

Splatoonにハマりまくり

イカがインクを射ち合ってナワバリ争いをするという、意味不明なWiiUのゲーム、スプラトゥーン。CMや、プロモの動画をみて気になってしまい、6月入ってすぐに買ってしまった。メディア版は、品切れとなってしまっていたので、ダウンロード版を買いました。
splatoon_logo 
これがものすごい中毒性。一人用のモードもあるけど、基本はネット対戦。インクの出る銃(ローラーなんかの時もある)を持って、撃ち合って、床を多く塗ったほうが勝ちというゲーム。撃ち合いのゲームなんだが、あまりにも面白くて、寝不足気味。

とにかく、絶妙なゲームバランスで、1対戦3分間のプレイにひたすらハマり続けてしまう。
DSC_1245
基本は4対4での3分間の対戦の「ナワバリバトル」。フレンドでチームを組むこともできるが、12歳未満の場合はMiiverseのフレンドが作れないので、多くの場合、基本は対戦ごとに全く見ず知らずのメンバーとのランダムなチームマッチング。マップもランダムなので、これといった必勝法がないのが、面白くしている。

仲間とチャットなどでコミュニケーションが取れるわけでは無いので、ゲーム上の動きだけが全て。たま~に息があうプレーヤが現れるとすごく嬉しい。
DSC_1241

 とにかく、撃って、撃って塗りまくる!ビチョビチョ。水鉄砲で遊んでいるような感覚だが、マップごとの戦略や所持している武器毎の戦術などを考えながらやるのがすごく面白い。
DSC_1251
どちらのチームが多く塗ったのかは、この猫が判定。結構、対等な試合が多く、0.1%の差になることもある。マップの状況を見ながら判定が下るまで、ドキドキ。ただ、自分は射撃の操作がイマイチなのか、やや負けが多い気がする。

DSC_1252
勝つとみんな大喜び。負けると、地面を叩いて悔しがる。キャラクタのセンスが、ポップで、これまた良い。

今日の夕方までは、「フェス」といって、お題「朝ごはんはパン派?ごはん派?」という選択肢でチームが分かれて24時間、お祭り。

なんか、スカッとしたい人は、このSplatoonをやるためだけに、WiiUを買っても良いかもしれない。というかそれぐらいオススメ。

テレビを捨てる(家電リサイクル)

アナログの最後の砦であったケーブル・フレッツテレビ等でのアナログ変換が先日終了し、地上波が映らなくなってしまったので、古いテレビを捨てた。ブラウン管ではあるが、21世紀になってから買ったものであり、BSは720pが映るものだったけど、大きくて場所も取るだけだったので捨てることにした。

テレビを捨てるには、今は「家電リサイクル法」等で定められている方法で処分しなくてはならず、普通の粗大ごみ等では扱ってくれない。捨てるには少し手順がいる。詳しくは経産省のこちらのページで

一番簡単なのは、その機械を買った店や、買い替え品を買った店で引取を申し込むことが出来る。

今回は家電リサイクルの回収施設に直接車で持ち込むことにした。他の手段としては、販売店に依頼する、または、メーカーに依頼する形で自宅まで回収に来てもらうという方法がある。

手順1 家電リサイクル券を買う。
回収施設のその場で料金を払うのではなく、まず郵便局に行き「家電リサイクル券」を買う必要がある。下記の写真のリサイクル券にあるように、買うときには、どのメーカーのどれくらいのサイズのテレビ(xxインチ)を伝える必要がある。うろ覚えで行くと忘れて危ないので、きちんとメモして出かけたい。ちなみに、29インチだったので、料金は2916円。郵便局の手数料も合わせて3000円強かかった。少し高い。

20150501_tv


手順2 テレビを回収施設に持ち込む
手順1で購入した家電リサイクル券と、捨てるテレビを持って、施設に行く。清掃局の施設ではなく、運送会社の倉庫のようなところが多いようだ。多分そこからリサイクル工場に搬送するのだろう。

今回行ったところは、きちんと道端に家電回収施設であるノボリが立っていて、施設に乗り入れると、回収場所までの案内がきちんと出ていた。車でそのまま回収場所につくと、数人の男の人が来てくれて、あっという間にブラウン管の重たいテレビを持っていった。リサイクル券も特に内容を吟味されず、控えを渡される。車を停めてから、回収完了まで1分かからなかったと思う。

赤レンガ倉庫のスケートリンク

スケートがしたくなって、赤レンガ倉庫のスケートリンク「Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫」に行ってきた。

20141213_skating

きっと混んでいて並ぶかなーと思っていたら、特に並ばずサッと入れた。大人500円、別途貸靴500円。みなとみらいでのお遊びとしては思っていた以上にリーズナブル。

それほど広いリンクではないけど(30mx60mぐらい?)皆さんゆったりと滑る感じ。天気が良いと、周りの開けた景色と合わせて結構気持ちが良い。いらっしゃっている方々には外国人の方々も多い。子ども用の靴やヘルメットなどもちゃんと準備してあって、子ども連れでも楽しめるし、カップルでも楽しめる。

夜はライトアップなどあって、少し幻想的。

赤レンガ倉庫に行くには、桜木町駅から出る、100円バスや観光用の赤いくつ号というバス(こちらも100円)が便利。

CLIEを使っていた話

家の中を片付けていたら、CLIE PEG-SJ30が出てきた。おおよそ12年前に買ったもの。

43e0955e.jpg
fe73014a.jpg

CLIEと言うのは当時PDA(Personal Digital Assistant)、携帯情報端末と言われたもので、これでスケジュールを管理したり、メモをしたり、色々情報を見ることが出来るツールだ。ペンタッチだけど、画面をタップして操作するなど、いまのスマートフォンにかなり近い機器。ネットの接続機能は無い、または、あっても簡素なものであった。

PDAはシャープのザウルスシリーズが日本では有名だったけど、Palm社の作ったPalm OSを使った端末も当時色々出回っていた。Palm自体は乾電池でかなり長持ちして動作し、PCとUSBなどを介してのデータの同期のとりまわしがよかった点が特徴だ。そして、SONYが作っていたPalmOSの機器がこのCLIEシリーズだ。

PEG-SJ30は、スペックは当時のハイエンドから若干性能を落とした代わりに、カラーバリエーションやレザーカバーが付属していて、少しスタイリッシュさ上げた製品だ。液晶はカラーで、結構綺麗だった。

a5fd874b.jpg
9a3c0819.jpg

(白(キサナドゥ)にピンクなどの配色で綺麗だった))

当時どんなふうに自分が使っていたかというと、メモをしたり、ネットのニュースをPCのPiloWebというソフトで定期的にダウンロードして、同期して読んだり、という感じ。あとメモリースティックに辞書データを入れて電子辞書の代わりにしたりしてた。

PCMCIAスロットを持っている拡張アダプタがあって、それを使ってPHSのデータ通信カードをさして、少しWEBしたりメールを見たりなどもしたが、当時は、液晶自体がきれいな割にブラウザの性能が低かったりして、なかなか満足が出来なかった。

文字の入力は、今のようにフリック入力はなく、ローマ字で独特の入力方法(グラフィティ)の書き順を覚えて入力する特殊な方法で、メモをするのも少し苦労した気がする。ザウルスは日本語の手書き認識があって、そっちのほうが便利そうだったという記憶がある。

ほぼ10年ぶりぐらいに電源を入れてみた。充電ケーブルを指しながらだと立ち上がったが、電池が飛んでしまっていて、ケーブルを取るとすぐに電源が落ちてしまう状態だった。

それからしばらくは携帯電話自体の進歩がすごくて、メールもブラウザも写真も調べ物も基本的には携帯ですますという状況が続いた。Windows Mobileの端末が一部で流行ったりもしていたけど、また、この手の端末が復権し始めるのは6年後iPhoneを待たなくてはならない。

今2014年でiPhoneの登場から6年経ったと思うと、情報端末にさらなる飛躍が起きうる頃なのかなぁと思ったりもした。

ソニーやシャープ、富士通が今もスマートフォンで生き残れているのは、当時、小型携帯端末の開発を少しでもやっていたから、その開発ノウハウやセンスを生かして今に残れているのかなとも思った。

ちなみに少しもったいないと思いつつも、小型家電ゴミとして、回収場所になっている役所に捨ててきました。

消費税が上る前にタイヤを交換した話

久々に、カー用品店(イエローハット)に行った。タイヤとバッテリーを交換するためだ。ただ、その時うけた接客が妙に心地良かったことが印象に残った。

車について言えば、ほとんど素人。強いて言うと、交換部品には規格があり、それと互換性がある部品を選べば良いということがわかるぐらい。基本的にお店の人の言いなりになるしかない。

カー用品の店員って、なんとなく「そうっす」みたいな言葉使いをする人たちのような気がしていて、実際前はそういう人が多い気がしたのだけど。今回は、なんか見た目車好きな感じの人たちだけど、言葉使いも丁寧だし、なんとなくこっちのことをよく考えて対応してくれいたような気がする。安心感が有ったというか、押し付け感が少なかったというか。

自分の得意な、パソコンや携帯関係の電気屋と対比して考えると、こちらでは最近そんな安心感がないような気がする。なんか、買わされてような気がするというか。ショールーミングという言葉が出てきているけど、車屋と電気屋って、結構似ている気がするので、お互いに接客の仕方とかを研究すると、アマゾンとかと対抗できる何かが得られるような気がした。

ちなみに、タイヤは横浜ゴムのBluEarth  AE-01Fにした。工賃含めて一本あたり12500円程度だった。初めてのエコタイヤだけど、燃費は上がるかしら。消費増税前に済ませておいて、特はしたのかなという気分。

あーでも車って維持費高いなぁ。