しろしろ

素人のように考え、素人として実行する(ってダメじゃん!!)

うんちく・小ネタ

廃車時に住民票や戸籍の附票で苦労したこと

 自動車税の支払い時期になりますが、それを目前に16年になろうとしてる車を廃車にする手続きをした。
3e16fce28f7b53667eb312f9427b1bc3_s
車を廃車にしたり譲渡するには、車検証の住所と自分の住所が同じであることを示し、車の所有者であることを証明する書類が必要である。しかし、私は初回登録から今の今まで、車検証の住所を変更して来なかった。このような場合、自分が車検証の住所に住んでいたことを住民票(前の住所も載っている)などで証明するのだが、それで少し困ったことになった。私の場合は複数回転居していたため住民票では車検証記載の住所に居住したかがわからず、転居の履歴が分かる書面として「戸籍の附票」(ふひょう)を準備してくれと言われた。

戸籍の附票というのはその戸籍にある時の住民票の住所の履歴が記録される。何年何月何日から何年何月何日までどこそこに住んでいたという事が記録されている。通常ならこれひとつで証明終了。
でも、私は以下のような状態。
  1. 車を買ってから転居3回
  2. 最後の転居と、戸籍の移転がほぼ同時で7年前
  3. 最初の転居は10年以上前
  4. 前の戸籍は私が抜けた時点で除籍されている
私の問題は二点目と4点目。実は附票には、その戸籍にある時の住所の履歴しか記録されない。それ以前の戸籍での履歴はその以前の戸籍に記録されている。なので今の戸籍の附票には、車検証の住所が記載されていない。前の戸籍も確認する必要がある。

ところが、誰もいなくなった戸籍は除籍と言って、戸籍ではなくなる。戸籍の附票も「戸籍の附票の除票」、通称「除附票(じょふひよう)」というものに変わる。

で、役所にはこの除附票の保存期間が5年間しか義務付けられてないのだ(除籍本体はずっと残る)。よって、私も保存期限切れということで前の戸籍のある市役所で「戸籍の附票の除票」は取得できなかった。

これでは、廃車も何もできないではないかと困った。で、どうなったかというと、まあ、廃車代行にはよくあることらしく、
  • 現住所の住民票
  • 今の戸籍の附票
  • 前の戸籍(除籍)の謄本(いつからいつまでそこに籍があったかが記載されている)
  • 除票の附票の廃棄証明書(裏メニューなので市役所の窓口で直接お願いをした)
を、準備してさらに
  • 誓約書(理由書と言ったりもするらしい)
なるものを書いた。これは、
  • 住所変更してなくてすみません。
  • 住民票とか集めたんですが、住所を示すもの全部は集まりませんでした。
  • 住所の履歴は次のとおりなのは確かです。
  • 次からはちゃんと手続を滞りなくするんで、今回は申請を認めてください。
というような要旨の文と、住所の履歴を書いたものである。

住んでいた住所とその時期を記載することになる。なので、住所の遍歴だけはなんとか思い出さないといけない。

ひとまず上記で車は引き取ってもらえた。雰囲気的に、今の附票で、戸籍の転籍が五年以上前だって分かれば、わざわざ除籍の書類は要らない様な感じではあったので、本当はもっと楽に済んだのかも知れない。
まあ、前住んでいた場所の役所まで出向いたりして大変だったけどこれで今年の自動車税を払わなくて済んだので良かった。

フリクションボールペンでインクがでなくなった時の唯一の解消法

フリクションボールペンを使っていると、インクが出なくなり、全く書けなくなることがある。

その現象に陥るのは、数ヶ月とか使ってなかった時に多いが、昨日、つい一週間前まで使えてたペンが急に書けなくなった。

この問題は、普通のボールペンの時に使うテクニックである、ペン先を振るとか、下に向ける、ティッシュの上で何度もなぞるなどをやっても効果が無い。お手上げの状態になる。

これで3本目ぐらいになるので、さすがに何か対策があるだろうと調べて見た。実は、この原因は、インクの乾燥らしい。そして、この問題を解消するのに最も効果的にして唯一の解は、実は「濡らした紙の上をなぞる」なのだ。

本当?フリクションって水性なの?と思いながら、紙をちぎって、濡らして来て、その上でグルグルとペン先を回していたら、何十秒もしないうちに、少しずつインクが出来て、きちんと書けるようになった。

201505_flixion

写真を見ると、無色のペン先をなぞらせた跡と、少しインクが出ている跡、インクが出て来てかけている様子が分かる。

 皆様も、同様な状態になったら、ぜひおためしあれ。

カルピス計量カップ付きカルピス

昨日、スーパーでカルピスを買ったら、おまけでコップがついてきた。

20150421_calpis1

カップの後ろに回ると、「こいめ」「おすすめ」「うすめ」の線が引いてある。
20150421_calps2

このメモリまでカルピスの原液を入れて、カップの上にひいてある線まで水を注ぐと好みの濃さになるということ。

普段の感覚からすると、「うすめ」の線でも結構濃いのではないかと思ったけど、たしかにちょうどいい感じ。

カップも可愛らしいので、まあ、おまけとしてはそこそこ嬉しい方かな。



エネループの充電器の互換性の話

三洋電機時代に買ったエネループがまだ結構現役である。何百回も充電しなおして使えるわけだが、ワイヤレスマウスとかリモコンに仕込んである電池は半年に一回ぐらいしか充電しないので、パナ・サンヨーの会社の事情にはよらず生き続けることになる。

家の中で単3、単4電池で駆動するものが増えてきた。電池の寿命というよりは、用途の拡大で結構電池が必要になってきたのだが、従来の非充電式の電池を買って・使ってでゴミを増やすのも何なので、充電式電池を買い足したくなってきた。

サンヨーから事業を引き継いだパナソニックのページを見ると、パナの充電式電池には今、三洋から引き継いだ「エネループ」シリーズと元々のパナのブランド「EVOLTA(エボルタ)」シリーズ2種類の製品がある。

ただ、これらの電池の間では、充電器の互換性に気を使わなくてはいけないことがわかった。(リンク先参照)

ポイントは、

  • 事業統合前の充電器はそれぞれのブランドにしか対応していない
    →エネループ充電器はエネループ電池、エボルタ充電器はエボルタ電池だけ充電できる。(「エネループ」ブランドならパナから販売しているエネループも三洋時代のエネループ充電器で充電可)
  • 最新のパナの充電器(両対応のマーク↓が付いているようだ)は、エボルタでもエネループでも両方充電出来る。      
    →新しいタイプのエボルタ付属充電器は事業再編前の三洋のエネループ電池も充電出来る
    charger

ということなので電池を買い足すときは、充電器を増やしたくなかったら、エネループブランドの電池をさがす。充電器の取り回しを考えたくなかったら、あたらしいBQシリーズの充電器を買う。

大型電気店ならともかく、スーパーとかではひとつの会社の製品ブランドを2つも置かないだろうし、パナとしてもエボルタ一本にブランドを統一していこうとするだろうから、新しい充電器を買ってエボルタを買い足していくというのが、良い方針なのかな。エネループのパッケージデザインが好きだけど。

 

↓旧サンヨーエネループも充電出来るタイプの充電器が付いたEVOLTAのセット。

↓EVOLTAも充電出来るタイプの充電器が付いたエネループのセット。

さらばWindowsXP。EeePC 901をLubuntuにする

数年前にこのブログで紹介したネットブックEeePC 901。最近はスマホやタブレットもあって、出番は少なかったが、それでもたまに周辺機器の調子をみるためのテスト用に使ったり、採掘のテストをやったりで完全に死蔵していたわけではなかった。

しかしOSがWindowsXPということで、サポートが切れてしまったのでOSを乗り換えてみることにした。ご覧のとおり、画面にはサポート切れを示す画面が出てしまった。

e4c9bd1b.jpg

b0f8ba7c.jpg

さて、常識的にはこのように危険な状態のOSを使うわけには行かず、Microsoftが代替のOSを用意してくれたわけでもない。ということで、Linuxを入れてみることにした。ディストリビューションは軽量系のものを入れようと思った。軽量Linuxの中で目をつけたのは、以下の2つ。その中でもLubuntuを入れることにした。

  • Puppy Linux

日本語では有名なようだけど、ちょっとつまらない気がした。(何が?って言われるとあれだけど、日本では結構メジャーというのがどうも…)

  • Lubuntu

Unbuntuとしてプロジェクトの中に正式に組み込まれていて将来性もありそうだし、国際的か。ダウンロードは、こちら。→ http://lubuntu.net/

詳しい情報は、http://lubuntu-japan.jimdo.com/ に有った。

最低要件は

  • CPU: PAE 対応
  • メモリ: 384M バイト(14.04〜)
  • ハードディスク: 2G バイト
だけど、快適に動かすためには
  • CPU: PAE 対応
  • メモリ: 768M〜1GB バイト
  • ハードディスク: 5G バイト
とある。結構なんとかなる気がする。

あとAtomプロセッサがPAE対応だったかわからんかった。まずは入れようとしてみて、ダメだったらもう一度考えることにしたけど、結果から言うとこれは杞憂だった。

それでは乗り換えを始めていきます。

まずは、XPとお別れ。XP最後のシャットダウン。ありがとうXP。2001年(だったか?)から、当時からすれば安定と便利さを兼ね備えた素晴らしいOSだった。

e597f3ee.jpg

EeePC 901のBIOSではUSBメモリからの起動はサポートされていないので、.isoイメージをCDに焼き、DVDドライブを使って起動。なかなかクールな起動画面です。

ebaa3ff2.jpg

最初心配だったPAEについても問題なく、上記のサイトに有る情報通りほぼデフォルトの選択肢のままインストールしていきました。無線LANもインストーラ上で設定してすぐ使えたしスライドパッドも動いた。

22072132.jpg

インストーラはWindows XPがインストールされていることを認識し、それを上書きするかなどもきちんと聞いてくる。

インストール先ディスクを選んでユーザ情報を入れてインストールを実行してしまうと、あとは何も聞いてこず、ファイルのコピーが終了して再起動を待つ画面まで一気に進んでしまう。再起動すると、すぐ使える画面になる。

いろいろ端折るけど、使い始めてみると確かに軽い。XPの時よりもサクサク使える。google chrome(標準ではFirefox入っている)をインストールして、起動している状態でもメモリは240MBほど。EeePC901は当時としては小型PCとしてはメモリが余裕の1GBも搭載されており、全然快適に使えるレベルだ。

b990478d.png

ただ、ちょっと遊ぼうと思って色々見たら、上記の手順で進めていくと、ディスクはプライマリの4GBのディスクだけがLinux用にセットアップされる。物理メモリ搭載量が1GBだというところでスワップ領域も1GB使われてしまい、3GB弱しかOSやアプリの領域として確保されなくなってしまい、インストールが完了したところでほとんど空き領域がなくなってしまっている。空き容量は270MB程度だった思います。これではあまりソフトをインストールしたりできません。

仕方ないので、再インストールしました。途中でパーティショニングツールを起動し、swapの容量を512MBにし、さらにホームディレクトリを置くパーティションを8GBのセカンドディスク側に配置しました。

その際、インストーラの不具合なのか、日本語のままパーティショニングツールを起動すると、ツールのウインドウサイズが、EeePCの画面の下をはみ出てしまい、操作に必要なボタンが表示されなくなってしまいました。再起動し、もしやと思って、インストーラのGUI画面になってから言語を選ぶ画面でEnglishを選んだところ、そのような画面のはみ出しはなくなり、操作が可能でした。ただ、私はわかるからいいですが、日本語表示のインストーラが使えないとなると、躊躇する人も出るでしょうね(まあ、パーティショニングを変えるところからすでに高難易度ですが…)

まあ、お遊び用マシンとして、少し命を永らえたEeePCでした。何に使えるかな。