しろしろ

素人のように考え、素人として実行する(ってダメじゃん!!)

音楽

ノイズキャンセリングヘッドセットSONY MDR-EX750NA

少し前に、SONYのハイレゾ対応ノイズキャンセリング・ヘッドセットMDR-NC750について書いたけど、今度は、MDR-EX750NAについて試すことが出来た。
 MDR-EX750NA

MDR-EX750NAは、MDR-NC750と同じハイレゾ対応ノイズキャンセリングヘッドセットだ。MDR-NC750は、スマートフォン本体の処理でノイズキャンセル処理を行なうが、こちらはケーブルの途中にあるボックスで処理を行う。そのため、Xperia Z5シリーズだけでなく、様々なスマホに使える。一方、充電式の電池ボックスが付いている。
 
以下、MDR-NC750との違いを中心にレポートします。

■総論
値段の違いもありますが、MDR-EX750NAの方が全体的に良い気がしました。音質が良いのが一番の理由ですが、その他にもケーブルの取り回しや全体的な使い易さなどもあります。お金が許すなら、MDR-EX750Aを買うのが良いと思います。問題はカラー展開ぐらいですかね。グレーのみというのは少し地味な気がします。

■非NC(ノイズキャンセル)処理時の音質
ここはあまり変わらないように感じますが、MDR-EX750NAの方が低音域などがよりしっかりしている気がします。9mmドーム型ドライバは同じと思いますが若干形状が違うように見え、違いがあるのかもしれません。

■NC処理
結構差がある
  • キャンセル性能はMDR-EX750NAの方が圧倒的に良い。明らかにノイズの消し残りが少ない。
  • さらに、入力信号にもイコライズがかかることで原音が少しゲインされる感じもあり、MDR-NC750よりもさらに音楽に集中できる。
  • MDR-NC750の場合は最適な性能を得るために、今、電車乗ってるのか、部屋にいるのかなど、音響的なシチュエーションを自分で選択する必要があるが、MDR-EX750NAの方は「フルオートAI(Artificial Intelligence)ノイズキャンセリング機能」でそのような選択の必要はない。
■ケーブルやユニット
  • MDR-EX750NAは、ケーブルが厚めにコートされているセレーションケーブルで、絡まりにくい。LR分岐以後に小さいリングがついていて使用しない時はこれをイヤホン部まで上げて、2本のケーブルを束ねることで更に絡みにくい。MDR-NC750は、ケーブルが柔らか過ぎて絡みやすかった。
  • ジャック部分がL字になっていて根本の部分が引っかかりにくい。MDR-NC750では、ジャック部分が真っ直ぐでスマホを持つときに服などに引っかかることがあり、取り回しに難を感じていた。
  • 電池ボックスがあり邪魔なのかと思っていたが、案外気にならない。電池は連続で6時間もつ。電池切れになってもNC処理をOFFにしてパススルーにすることで普通のヘッドフォンとして使えるのでそんなに恐れることはない。
  • 途中に、マイクとコントロール用のボタンが付いている。ボタンで音楽再生のオンオフができるのでこれもさり気なく便利。
■その他
  • 持ち運び用のポーチが付いている。チャックや巾着ではなく、携帯灰皿の様に口の両端を潰すように押すとパクッと開くタイプ。持ち運びの際の痛みと絡みを防いでくれる。
選び方としてはお金に余裕が有れば、MDR-EX750NA。電池ボックスのデザインに納得行かなかったり、XperiaZ5のプレミアム感を感じたいが少し安く済ませたいのなMDR-NC750を選ぶという感じです。MDR-NC750でもノイズキャンセル性能はかなり良かったと思います。

Xperia 専用ハイレゾノイズキャンセルヘッドセットMDR-NC750を使い始めた

Xperia Z5以降対応のヘッドセット、MDR-NC750を手に入れた。ハイレゾ音源対応でXperiaシリーズと使うことで、ノイズキャンセリング機能が働くヘッドセットだ。(参考:MDR-EX750NAの記事も書きました)
 DSC_1883
早速感想。見た目、イヤホン部分にノイズキャンセル処理用のマイクが仕込んであることもあるせいか、普通の物よりも少し大きく見える。下の写真のメッシュの部分にマイクが入っている。 
DSC_1888

しかしこの中に仕組まれている9mmドーム型ドライバーユニットによる低音がすごい。これまで、XperiaZに付属していたオマケにしては性能が良いと言われたヘッドセット を使っていたが、それに比べてNC750は低音がズンズンくる。ドラムやベースの聴こえ方が全然違う。まるで別の音源に聴こえてくる。その中でも、しっかり中、高音部も聴こえくる。あれ、今までこんな楽器鳴っていたのか、と気が付かなかった音にも気がつけるようになった。

ハイレゾ機能について、正直、16000Hzを超える音を聞き取れる自信はないので、高音部についてはあまり言えないのだけど、XperiaZ5シリーズには、擬似的に既存音源をハイレゾにしてくれるDSEE HXという機能があり、CD音源コンテンツなどでハイレゾの体感ができる。Z5ユーザはハイレゾ対応の有線イヤホンを装着して初めてオーディオ機能を味わい切ったと言えるので是非試してほしい。

 Screenshot_2016-02-16-13-09-48
ちなみにDSEE HX機能を使うと少しボリュームが絞られたように聞こえるのだが、恐らくは、ダイナミックレンジ拡大と周波数帯拡大分にパワーを再配分した分、各帯域のパワーが減少することによると思われる。この機能を使った時のボリュームのレンジも広げるよう改善を求めたい。

ノイズキャンセル機能について。このヘッドセット自体には、キャンセル演算処理部は付いておらず、Xperia本体で処理するタイプ。なので、XperiaZ5以降の対応機種でのみフル性能が発揮される。(Z3,4でもある程度キャンセル性能は有効らしい)。本体の電力を少しだけ使うが、MDR-EX750NAのようなユニットが無いのでスッキリしている。(追記 MDR-EX750NAの記事も書きました)

ノイズの消し感は、インナーイヤーヘッドセットということもあり、QuietComfortの密閉型などに比べると静寂感は少ない。しかし、かなり強力で、例えば革靴で歩く自分の足音はほとんど消えこない。
Screenshot_2016-02-16-13-09-35
 

電車に乗って使ってみると、一見、普通のインナーイヤーヘッドフォンとあまり変わらないような気がするのだが、ノイズキャンセル機能をOFFにしてみるとボワーという感じで、結構な騒音が聴こえてきて、いままでこんなにいろんな音と一緒に音楽聴いていたんだと、効果をしっかり確認出来る。

2週間ほど使っているのだけど、うっかり乗り過ごしをしてしまいそうになることが度々でそれだけ音楽を聞くことに没入できるということで、非常に良いアイテムだと思います。

ハイレゾ機能と本体にあるノイズキャンセル機能を活かしきるアイテムとして、Xperia Z5以降のユーザーとしては是非手に入れたい。

なお、ソニーストア専用品です。こちらからどうぞ。   


Bluetooth対応FMトランスミッター

車載用のFMトランスミッタを買った。

最近のオーディオには、Bluetoothがついている。でも、僕は13年ぐらいになる割と古い車に乗っていて、ラジオとCDとMDだけが使えるカーステレオがついている。5年ぐらい前までは、自分でオリジナルのCDを作ったりしてて楽しんでいたが、最近はそういうこともしてないない。MDはもう9年ぐらい使っていない気がする。
KD-146
CDをいちいち満載して車にのるのも大変なので、ラジオで済ませてきたが、最近特に不満に思うのだが、FM放送は、だらだらとパーソナリティやらゲストが喋ってばかりで、音楽がなかなか聞けないし、まして、自分の好きなジャンルの曲がかかることも少なく、正直、聞くのが辛くなった。

普段、音楽はmoraで買ったりしてスマホに貯めていて、何百曲と持ち歩いているし、最近はPVSTARみたいなアプリを使ってyoutubeの曲を楽しんでいる。はっきり言って無限だ。好きな時に好きな音楽を好きなだけ、簡単な手間で聞くということを、車でもしてみたくなった。

ということで、買ったのは、カシムラのKD-146と言うもの。シガーソケットに直挿しで、3000円ほどだが、Bluetooth3.0対応でFMは4バンドを切り替えられる。

気に入っているのは、デジタルだと音質はこんなに違うのかということ。昔も、トランスミッターを買ったことがある。アナログ入力のタイプのもの。MP3対応のポータブルCDプレーヤをつないで楽しんでいたが、なんとなく音が潰れる感じがして気に入らなかった。FM変調による周波数帯域低下(約20KHz→16KHz)が原因かと思ったが、今回の買い物でそれは間違いだったということがわかった。

充電に使えるUSBの端子も出ているので、長いドライブでもオススメ。
 

レニングラード国立歌劇場管弦楽団

最近すっかり更新が滞りがち… 今日は、久々にクラシックを聴きに行った。ダイナミックな指揮とアフロのようなヘアスタイルが有名なアンドレイ・アニハーノフが指揮でレニングラード国立歌劇場管弦楽団と若手の演奏家による協奏曲3曲。「ドラマティック3大協奏曲」と銘打たれていた。 アントン・バラホフスキーによるチャイコフスキーバイオリン協奏曲 ニ長調 作品35、古川展生によるチェロ協奏曲 ロ短調 作品104、ウラジミル・ミシュクによるチャイコフスキーピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23。 バラホフスキーのバイオリン協奏曲とミシュクのピアノ協奏曲はよかったかな。特にミシュクは第一楽章の勢いもよかったけど、第2楽章での表現力もあった。オーケストラとの息もよくあっていた感じ。 一方、古川さんのチェロは少し振るわなかった感じがする。音がちょっとねぇ。演奏自体は第一楽章までは良かったかな。 ところで、会場は横浜のみなとみらいホールだったんだけど、いつもあそこはちょっと音が響きすぎる(残響が残る感じがする)と思うのですが、他の方はどう思われます?