しろしろ

素人のように考え、素人として実行する(ってダメじゃん!!)

携帯電話

Android7.0は電池の持ちが良い

0_Nougat

Xperia Z5 Premium SO-03HのOSがAndroid 7.0 Nougat(ヌガー)にアップデートされた。これは良いアップデートだったという話。

Androidの端末を買うときに、詳しい人の中には最新のOSにアップデートされる予定があるかを気にする人も多いと思います。

ただ、これまでOSアップデートで良かったと実感できたことが余り無かった。
機能が増えるということは、基本的に プログラムサイズや処理が増える訳で、その分CPUやメモリを使ってパフォーマンスが悪くなる分をバージョンアップによる機能改善が上回る事ってあまりない。

Androidは各端末メーカーのチューニングでパフォーマンスが変わってくるケースもあるが、すでに旧機種となっているハードに対して手間暇がどれだけかけられるかというと推して知るべしだ。

一番ひどかったと思うのは、Nexus7(2012)のAndroid 4から5へのアップデートの時だ。このときは、これまで快適だったNexus7のレスポンスが恐ろしく悪くなってしまった。おかげで、使用頻度がめっきりと減ってしまった。

むしろメジャーバージョンが上がらなかった方が良かった的な事もあって、前のメインだったXperia ZはAndroid 4のままでサクサクと使えるし、今でも最新のゲームも遊べる。

こういった事情はAndroidだけでなくWindows xp->Vista、7から8の時、iOSでも頻繁に起きている。

正直、セキュリティの問題さえ無ければ、アップデートしたくないという気持ちだ。

今回Android 6から7へのアップデートは、一般人にとってあまり目玉的な機能の追加はなかったのだが、端末のディスプレイを切ったときに、様々な機能を"眠らせる"事によって低消費電力にする機能がすごく進歩した。

実はアップデートする直前には、何も使っていないのに、OSやNWの処理で20分程の短時間に数十%あった電池残量がほとんど空になるというトラブルを体験していて、もう電池がヘタってしまったのかと困っていたところだったのだが、アップデート後は端末をスリープにすると数時間放置しても数%も電池残量が減らなくなった。おかげで、せっかく買ったモバイル充電器の出番が減ってしまった。

もうすぐ、待望の後継機種 XZ Premiumが発売されそうだけど、それまで電池については快適に使い続けられそう。

指紋認証を試す Xperia Z5 Premium SO-03H

前回、Xperia Z5 Premium(Z5P)を購入したと報告しましたが、今回は指紋認証について。

Z5Pの指紋認証は、側面の電源ボタンが指紋センサーになっている。画面ロックを解除する時には一度電源ボタンを押しますが、その時に合わせて指紋をセンシングすることで、一気にロックの解除もしてくれる。あと、一部のドコモのサービスでは、ドコモIDの認証時に生体認証にも対応している。いちいち、IDとパスワードを入れるのは面倒だが、指紋なら一発。これはとても便利。多くのサービスで対応してほしい。

一度使ってみると、PINやロックパターンの入力をしなくても良く、かなり便利に感じます。iPhoneと違って、片手で持って側面を押さえる動作でそのまま解除出来まるところも良いです。

下は設定画面。5本の指まで登録できる。人によっていろいろ趣味は有るだろうが、自分では右手の親指と人差指、左手の薬指と中指を登録すると持ち構えている時に自然に電源ボタンにあてて解除ができる。
Screenshot_2015-12-30-01-06-24
DSC_0006 (1)

指紋パタンの登録について。上の写真のように電源ボタンは細長いので、指全体が一度には収まらない。なので、少しずつスイッチにあてる指の面をずらしながら、登録する。
Screenshot_2015-12-30-00-58-21
Screenshot_2015-12-30-00-58-33
一回当てるとこんな感じ。


Screenshot_2015-12-30-00-59-28
あまりうまく行っていないと、指示がでる。

Screenshot_2015-12-30-00-59-54
何回か指を当てていく。同じ所ばかり読み込ませていると判断すると電源ボタンにあてる範囲をずらして登録するように指示が出る。実際使うときに読み込ませる場所、例えば、端末を手に持った時にあたる部分を(右手親指なら、左半分から爪の横ぐらいまで)やや念入りに登録しておくと良い。

Screenshot_2015-12-30-01-00-07

完了するとこのように表示される。ダメなら、もう一度やり直すよう指示が出る。

精度なのだが、他人の指では解除された試しはない。自分の指でも、やや失敗することも有る。3回連続で失敗するとPIN(端末暗証番号)を入力するように求められるが、少し意識してあてる部位を変えるのが良い。

冬の乾燥で、指の表面が荒れると失敗しやすくなるので、その際は登録し直すのが良いように見える。

思った以上に便利なので、ぜひ試してほしい。






 

Xperia Z5 Premium SO-03Hを買った

以前から使っていたXperia Zから、4K携帯、Xperia Z5 Premium (chrome)に機種変しました。

4K表示はAndroid OS全体でサポートされている訳ではなく、専用アプリでしか4K表示されないということで、将来OSのアップデートの対象外になるかもなとか少し地雷感がありますが、とにかく4Kをスマホで最初に実現しようとしたSONYの心意気に惚れて人柱になってみました。今回は外観的な部分を。また次回報告します。

Xperiaシリーズ最上位機種ということで、デザインには力が入っています。
背面ですが、ツルツルの鏡面仕上げということで鏡です。
DSC_0001

 写真は正面から取ると、自分の顔がバッチリ写ってしまいます。上記に写っているのは家の天井と壁です。
 DSC_0006 (1)
側面。側面フレームはメッキ仕上げ。金属の冷ややかさはありますが、丸みを帯びていてZの時のように角くて気なるということはなく手に馴染みます。

真ん中には指紋センサ付き電源ボタン。電源ボタンはZのデザイン(◎のようなデザイン)が気に入っていたので残念ですが、側面スイッチが指紋認証と言うのは使ってみると悪く無いです。指全体が収まらないデザインですが、指紋登録時に1本の指を何回かに分けて異なる範囲を覚えこませるので問題無いです。使ってみると結構便利です。

DSC_0007 (1)
側面フレームにXPERIAの刻印が。

DSC_0005 (1)
SIMカードとmicroSDカードを収めるスロット用のフレーム。

z_and_z5
XperiaZ(右)とのサイズ比較。画面サイズ分以外にも少し上下のフレームが大きいです。

やはり全体的に大きいですが、幅はそれほど広がっていないのでシャツの胸ポケットには入ります。

問題の発熱ですが、まだそれほど酷使していないのでわかりませんが、ブラウズ、SNS等では特に問題はありません。

ピカピカであまり傷を付けたくないので、手帳タイプのジャケットカバーを買いました。Chromeに合わせて銀色。ray-out製
DSC_0008 (1)

使い勝手などについてはまたレポートします。

追記:
指紋認証の使い勝手をアップしました
Xperia専用ノイズキャンセルヘッドセットMDR-NC750の使用感はこちら

ドコモ携帯 N-01Gを買った

DSC_1159

仕事で使う携帯を買った。今更まさかのガラケー、N-01G。ガラケーを買うのは2008年以来のP905以来だと思う。折りたたみ携帯には根強い人気があるとのことだが、分かる気もする。電話と少しのテキストをやりとりという使い方と2台持ちということを考えるとできるだけコンパクトな方がいい。

N-01Gのポイントは長持ちバッテリー、3.4inch大画面と810万画素のカメラ、スマホやタブレットの通知を携帯でも確認出来る「スマートリンク」機能など。

ガラケーの最大の良さはやはり電池の持ち。これだけはやはりいい。あと、電話かけてる時にいかにも電話してまーすというポーズが様になるところか。

以下、写真にて外観など。

DSC_1161DSC_1163

背面と横画像。8.1Mピクセルのカメラ部分が少し盛り上がっている。持つとそのせいか若干厚めに感じることがある。背面ディスプレイ表示は上の写真右手のような少し銀色の部分に配置されている。

DSC_1165NEC_0003

8.1Mピクセルのカメラ。スマホのようなエフェクトなどの凝った効果は準備されていないが、右の鉱石の写真のように、結構透明感のある写真もとれる。少し前のガラケーのカメラは、なんかもやっとした画像しか取れなかったが、少しは進歩した。

スマホ/タブレットとのスマートリンク機能は、持っているスマホがXperiaなので残念ながら対象外であった。N系だけでなく、富士通・シャープ、iPhoneとも連携が可能。仕事の時に私用スマホをいじるのは気がひけるので、この携帯からメールなどを確認出来ると目立たなくていいなと思った次第。

他、万歩計やランニングの歩数計速などの機能もあって、これも使いそうかな。

Mobizenを使ってみた

ドコモのおためしアプリ工房で、mobizenというサービスが始まった。

アプリを入れると、ブラウザからスマートフォンを遠隔操作できたり、スマホ内部の写真や動画、音楽のファイルの内容を確認、ダウンロード・アップロードが出来るというもの。

ちょっと気になったので早速使ってみた。つなげてみたのは愛機のSO-02E Xperia Z。接続はUSBかWifiまたはモバイルネットワークでも良い。Wifi,LTEで接続して操作してみた。

29f7257f.png

なかなかいい感じ。すごいのは、アプリをインストールしユーザ登録をしてブラウザからドコモのサイトにアクセス&ログインするだけで操作ができてしまうこと。PC側はブラウザ以外のアプリはいらない。プラグインを入れると更に便利になるところもあるみたいだが十分使える。

上記の画面のスマホのイメージは、実際にスマホに表示されている画面がリアルタイムに表示される。そのままマウスカーソルを指先だと思って、スマホを遠隔操作する事ができる。Wifiだと凄くスムーズ。LTEでも悪くない操作性だ。画面のロックをスマホとおんなじ操作で外したりすることが出来るなど、ほとんどの操作ができるようだ。電源を切ることだってできてしまう。

ここまで来ると、セキュリティが…という気もするが、キャリアのサービスというところで実施会社の信頼性は問題無いとして、あとはパスワードさえ破られなければよいだろう。

つぎにファイル共有。まずは写真の共有。

e3cbfa67.png

写真のリストの表示など結構キビキビしているし、ブラウザ上であってもアプリケーションの操作性がとても良く、使いやすい。

ただ何よりも良いのは、接続するときに接続手段・ネットワークを選ばないところだ。Xperia Zに付属のソフトでもPCのとの連携が出来るが、USBかWifiでつなげる必要がある。特にWifiでつなげるときにPCとの連携操作必要だが、何故かうまくいかない場合が多く、防水のためのキャップをいちいち外してUSBで繋げなくてはならないことが多いのがイライラしていた。

操作するPCを事前に登録する必要がなく、ブラウザから写真の表示・DL、音楽の再生ができるので、友人宅先でライブラリのファイルを共有するなどのこともできるだろう。

097be8f2.png

まだ本サービスではなく、おためしサービスの位置づけのようだけど、かなり完成度は高いと思う。画面・UIのデザインもドコモにしてはすごく良い気がする。

本格サービスではまさか月額300円とかになったりはしないか気になるところ。無料で提供してほしい。強いて言えば、セキュリティ強化として端末認証をしたい人は有料オプションというところが良いのではないか。