しろしろ

素人のように考え、素人として実行する(ってダメじゃん!!)

携帯電話

Mobizenを使ってみた

ドコモのおためしアプリ工房で、mobizenというサービスが始まった。

アプリを入れると、ブラウザからスマートフォンを遠隔操作できたり、スマホ内部の写真や動画、音楽のファイルの内容を確認、ダウンロード・アップロードが出来るというもの。

ちょっと気になったので早速使ってみた。つなげてみたのは愛機のSO-02E Xperia Z。接続はUSBかWifiまたはモバイルネットワークでも良い。Wifi,LTEで接続して操作してみた。

29f7257f.png

なかなかいい感じ。すごいのは、アプリをインストールしユーザ登録をしてブラウザからドコモのサイトにアクセス&ログインするだけで操作ができてしまうこと。PC側はブラウザ以外のアプリはいらない。プラグインを入れると更に便利になるところもあるみたいだが十分使える。

上記の画面のスマホのイメージは、実際にスマホに表示されている画面がリアルタイムに表示される。そのままマウスカーソルを指先だと思って、スマホを遠隔操作する事ができる。Wifiだと凄くスムーズ。LTEでも悪くない操作性だ。画面のロックをスマホとおんなじ操作で外したりすることが出来るなど、ほとんどの操作ができるようだ。電源を切ることだってできてしまう。

ここまで来ると、セキュリティが…という気もするが、キャリアのサービスというところで実施会社の信頼性は問題無いとして、あとはパスワードさえ破られなければよいだろう。

つぎにファイル共有。まずは写真の共有。

e3cbfa67.png

写真のリストの表示など結構キビキビしているし、ブラウザ上であってもアプリケーションの操作性がとても良く、使いやすい。

ただ何よりも良いのは、接続するときに接続手段・ネットワークを選ばないところだ。Xperia Zに付属のソフトでもPCのとの連携が出来るが、USBかWifiでつなげる必要がある。特にWifiでつなげるときにPCとの連携操作必要だが、何故かうまくいかない場合が多く、防水のためのキャップをいちいち外してUSBで繋げなくてはならないことが多いのがイライラしていた。

操作するPCを事前に登録する必要がなく、ブラウザから写真の表示・DL、音楽の再生ができるので、友人宅先でライブラリのファイルを共有するなどのこともできるだろう。

097be8f2.png

まだ本サービスではなく、おためしサービスの位置づけのようだけど、かなり完成度は高いと思う。画面・UIのデザインもドコモにしてはすごく良い気がする。

本格サービスではまさか月額300円とかになったりはしないか気になるところ。無料で提供してほしい。強いて言えば、セキュリティ強化として端末認証をしたい人は有料オプションというところが良いのではないか。

ケータイキャリア決済

最近ケータイキャリア決済を使うことが増えた。App store やGoogle play もそうだが、例えばSonyのmoraのようなコンテンツサイトやショッピングサイト等でも使える。

個人的には、有料アプリの決済やEverenoteのプレミアム料金の支払い(Androidアプリはdocomo決済がアプリから使える)に使っているし。少し前にmoraアプリで音楽のダウンロードをした際にも使って見た。

moraアプリで使ったときには、楽曲データのダウンロードにパケ代使いたくないからWiFiでアクセスしてても決済方法として選べるから、このままWiFiのまま進んだらどうなっちゃうのかなと思ってやってみたら、なんと決済でドコモとつなぐ時だけモバイルデータ通信モードにして、決済が終わったらまたWiFiに戻して楽曲のダウンロードを始めるという器用なことをやってくれた。(画像)

8db29da6.png

モバイルだけでなく、PCでも決済に使えることがある。この前Tohoシネマズのチケットの予約にも使ってみた。ドコモの場合、PCからサポートサイトにつなぐための「docomo ID」というものを準備しておく必要が有るが、ネットバンク決済と同じ感覚で使える。ただ、キャンセル、払い戻しが出来ないのがつらい。 これはドコモではなくTohoシネマズの仕様かもしれないが 。実は、時間指定のミスや急な体調不良なんかで直前で予約した映画を見そびれてしまったことが二回もある。

キャリアで決済出来ることの利点は、やはり手軽さとセキュリティか。カードがなくても、また、カード番号をいれなくても、決済できる。SPモードの場合、4桁の番号で決済できるが、回線認証と込みなので安心感は高い。サイトへの攻撃が日常化している中、考えたいオプション。

Xperia Zの満足感

Xperia Zを使って1ヶ月がたった。すごく愛着を持って使っている。

同時期に発売のELUGA と比較されて実は使いやすいのはELUGAじゃね、みたいに言われていて、その側面は否めないと思う。確かに手に持った時の幅に始まり、XperiaZのゴツさは結構マイナスポイントだと思う。あとあえて挙げるとROMもELUGAの半分というのはウィークポイント。

でも画質、音質、速度、ソフトウェアの安定度などは現行スマホの最上位スペックでまったく不満がない。というか、このスマホの所有していること自体への満足度がものすごく高い。きっとほぼ同じスペックであるELUGAを買っていたら、便利とは思えても、満足度はそこまで高まらなかったと思う。

その理由は使いやすさではなくデザインだと思う。角ばって一見レトロにも思うかもしれないが、トータルなデザインでみればすごく斬新で、細部にわたってデザイン上の気合が感じられる。

下記のCMを見てもらえれば分かるが、グローバルに通用する新しさだと思う。

この端末を使いはじめてから他の端末、特に、サムソンの角が丸いやつとかを見ると、それがどうにもダサく見えてくる。Galaxy S 4の画像などが(真偽はわからないが)出てきているが、それを見てもXperiaのほうが一歩先を行っていると思う。

ただ持ってるだけでメリットを感じられる。久々にそういう製品を持てた。 アップルに技術だけでなく、 デザインやビジュアルでも勝てるのは、日本ではソニーだけかもしれない。 というか、世界でもhtcやサムソンでもなくソニーしか対抗できないのかもしれないと思った。

以下、写真何枚かでデザインの特徴を。

0ccc8eb9.jpg

スタンドに立てた時の様子。ストラップをつけている。(ストラップホールがあるのは日本の製品だけなんですかね?)。ロゴの方向が逆になっていて申し訳ないですが、”SONY"という伝統がありながら古臭さを感じさせないロゴが改めて良いと思った。

9725a671.jpg

背面。ガラスコーティングのつややかなボディ。このプラスチックにはない透明感が何とも言えず良い。カメラ類などもシンプルにまとまっている。各種マークの配置も洗練されているが、 ”Made in China”の表示は背面ではなく、底面のすごーく細いところに隠すように書いてあるこだわりよう。

5f887192.jpg

スイッチとボリュームキー、スピーカーホールがある側面。あえて、パワースイッチを真ん中に持ってくるが、その配置とデザインが良い。それを挟むフレームはアルミ製で、やや丸みをもっていてソフトに手にあたるように配慮されている。

f069d759.jpg

ボタンを少し拡大。パワースイッチはリングの中に配置されていて、ヘアーライン仕上げの非常に高級感のある仕上げになっている。普通は、プラスチックの出っ張りを配置するだけだと思うので、非常に妥協がないと感じた。

なかなか私のつたない写真では伝わらないのですが、正直、スマートフォンとしての役目を終えたあとも、飾りとして持っていたい。Macのような感じ。

Xperia Z SO-02E利用感

先日買った、Xperia Zを5日経った。結構気に入れて使えている。ここまでの簡単なレビューをしたい。

電池の持ち スマホとしては普通のイメージ。
画面の明るさを落として、設定-その他-モバイルネットワーク設定-ネットワークモードで「LTE/WCDMA」だけのモード(GSMは含まない)にするといったスマホの基本をしておくだけで結構持つ。新品だからかね。この前レビューしたMEDIAS Xよりは明らかに持つ。そもそも端末が熱くならない。

ただ、電池の消費しているアプリを調べると「メディアサーバ」と「iチャネル」が常に上位。iチャネルは、自動設定OFFにしてもこの状態。

d021357e.png

画面・解像度 やはり5inchでフルHDの高精細はすごい。スマホ見た後PCの液晶とか見るとすごく荒く安っぽく見える。文字を細かく表示することができる。かなり小さく文字を表示してもつぶれない。情報量も多くすることができる。たとえばgReaderのリスト表示文字を小さくすると、わざわざ記事をクリックしなくてもよくなるぐらい文字が表示される(下写真)。効率がアップ。
31df867b.png

一部でドット欠けやにじみなどのレポートがあるが、おそらく個体不具合だと思う。自分は全く問題ない。
LTE 下り100Mbps対応。ただ、どこの場所で有効なのかわからないけど。でもHSDPA(3G)よりも明らかにキビキビする。試しに街中(横浜郊外)で計ってみると12.6Mbpsだった。スゲー。Wi-Fi並み。
5a0b53dd.png

ただ電車に乗っていると3Gへのフォールバックが発生するたびに通信断が発生して少しイライラするね。基地局は増強している最中だと思うけど早くカバー率を向上させていってほしい。
Socialife 標準アプリではないのだけど、ソニーが作ったアプリ。Timescapeのあとがま?facebookやTwitter,RSSなどを統合してみることができるのだけど、結構良い。何が良いかというと画面のセンスが良い。Timescapeより好きだ。
343cd798.png
POBox キーボードの表示サイズと位置を自由に変更できるのは前回書いた通り
ただ、フリック入力の感度を高にしてもXperia acroの時よりもやや深く指をスライドしないと入力ができないのが気になっている。もう一段階感度を高くする設定が欲しい気がします。
やはり端末のデザインが良い。持っているとちょっとだけ優越感がある。特にガラスボディのキラキラ感と側面のデザインが秀逸だと思う。
Galaxyのようには丸っこくないのが良い。
a52c80c1.jpg

(これまた先日買ったNexus7と。)

角ばっているという意見もあるけど、手のあたるところはきちんと丸みがついていて、痛くはなく、むしろしっくりくる。

クアッドコアのキビキビ感もとても良い。

あと、カーバーをつけると充電用クレードルにはまらなくなるので注意。外しやすいソフトシリコンタイプのカバーなどがおすすめ。

Xperia Z (SO-02E)を買ったよー

xperia zを買ったよー。

271b26f5.jpg

予約はしてないし、もう少し様子をみてから買うつもりで実機サンプルを量販店で触っていたら、店員に「まだ在庫ありますよ、次はいつ入荷するかわかりません」と乗せられて買ってしまった。

待っている間に目の前で次から次へと、売れてましたね。

さすがにさくさくですよ。Xperia acroからまだ二年経ってないので月々サポートを残しての機種変。今回は月々サポートの額が結構ある。

後からまたレビューするけど、やはり画面は綺麗ですね。

手に持った感じはこう。

b89a4a8e.jpg

5inchディスプレイでやはりボディが相当大きくなっているのだが、ボディ側面のアルミ部分のざらつきが程よい滑り止めになっていて、結構しっくりくる。カバーをつけるとその良さが体感できなくなってしまう。

見てもらうと分かる通り、やはり親指が端まで届かないから、POBoxのソフトキーは位置調整が出来るようになっている。一方、Android標準のソフトキーについては調整ができないので、特にバックキー(親指の先に映っている部分)は片手で持っている時には押せない。

カメラは、一度目の起動は遅いが、2回目はかなり早い。

ホーム画面。docomo パレットUI(左)と、Xperia独自のホームアプリ(右)2つが使える。acroから使っている身としては右のほうがなじみ。

3b3c6449.png
50c1ba75.png

WALKMANアプリ。アートワークをフリックして、切り替えると再生される曲も追随してもすぐ切り替わる。動きもきびきびして非常に好印象。今回もおまけでヘッドセットがついていて、その音質がなかなか良い。ただ、防水などのことも考えると、ジャックのカバーを開ける必要のないBluetoothヘッドセットを使いたい。

4170c308.png