しろしろ

素人のように考え、素人として実行する(ってダメじゃん!!)

アート・文化

タイムズカープラスを使う

タイムズのカーシェアサービスがとても便利でリーズナブルだという話。

車を手放して一年経とうとしてるのだけど、やはりたまに車が使いたくなることがある。レンタカーもそんな時の手段だが、私はタイムズのカーシェアリングを使っている。タイムズとは100円パークでおなじみのタイムズである。

レンタカーとカーシェアリング の違いは何かというと、

* 借りる時間、返す時間の自由度が高い
* セルフサービスが基本
* 会員制(月額1030円の会費がある)

といったところ。

使い始めて驚いたのは、ものすごい便利さ。ポイントを挙げるとキリが無いのだけど。まずスマホからでも予約が簡単で変更もし放題。変更もキャンセルも一分前まで出来る。なので、少し遅れそう、とか、早めに出たくなった、と思ったらすかさずスマホから予約変更。レンタカーとは次元の違うレベルの気楽さ。
 
清算は予約した時刻から返した時間(15分刻み)まで。予約時に余裕見て長めに予約しても、返した時間迄分しか取られない。空き待ち登録しておくと前の方が返してくれたら連絡ももらえる。予約開始時間も前述の通り、ギリギリまで変え放題なので無駄はまず出ない。

さらに、私の生活圏にステーション(車が置かれているところ)が多くて借りられないと言うことがまず無い(これはたまたまかもしれないけど )。

楽しいのは色々な車種が運転出来る事。あるのはコンパクトカー中心だけど、インプレッサやプリウスなんかもある。荷物運ぶにはボックスカー、買い物はノートやアクアといった使い方もできる。私はハイブリッドが好きなのでアクアをよく使います。

先日は仕事の用で郊外の駅の近くのステーションからカーシェアで目的地に向かった。電車で最寄り駅までの移動中にスマホで予約をした。タクシーより安くて、バスより時間の無駄がない。会員カードを常に持っておく事によるメリットだ。

これだけ便利でも料金は15分206円。週末にしか使わない車を買ってメンテするのに比べれば圧倒的にコスパは良い。おすすめは夜間パック。18時以降なら6時間2060円+パックの場合距離料金が少しかかるが通常料金より更にお安い。夜に買い物ついでに食事みたいな感じで使える。なお、月額会費1030円は、その月内に利用料金が発生していればそちらに充当される。携帯電話料金より良心的。

レンタカーは自分で最後ガソリン満タンにする必要あるけど、これも不要。ガソリンが少ないなと思った人がガソリンを入れにいく。ガソリン代も前述の料金に含まれていて、ガソリンを入れるときには車に備え付けの専用カードで入れるので自分は支払わなくてい。むしろガソリンを入れると15分の無料クーポンがもらえる(まあ、給油で10分ぐらいはかかるので当然といえば当然だが)

ETC装置もあるので、ETCカードを持っておけば有料道路も便利に使える。 

以上いろいろ書きましたがとにかくケチ臭さを感じない、ユーザーファーストなサービスで、もっとエリアがが広がってくれればと思っています。

タイムズカープラス:
https://plus.timescar.jp/ 

↓会員証はICカードで下の窓にあるところにかざすとロックが解除されます。
DSC_2261

↓通信カーナビになっていて、コンソールから予約の延長(もちろん後ろに次の予約が無いことが条件)も可能。予約時に目的地設定を済ませておくことも出来る。
DSC_2262

↓鍵はダッシュボードに入っている。この機械から抜くと利用開始となる。
DSC_2301

↓返却すると利用時間、移動距離が表示される。ほぼ同時に登録メールアドレスに返却証メールが届く。
DSC_2302


フリクションボールペンでインクがでなくなった時の唯一の解消法

フリクションボールペンを使っていると、インクが出なくなり、全く書けなくなることがある。

その現象に陥るのは、数ヶ月とか使ってなかった時に多いが、昨日、つい一週間前まで使えてたペンが急に書けなくなった。

この問題は、普通のボールペンの時に使うテクニックである、ペン先を振るとか、下に向ける、ティッシュの上で何度もなぞるなどをやっても効果が無い。お手上げの状態になる。

これで3本目ぐらいになるので、さすがに何か対策があるだろうと調べて見た。実は、この原因は、インクの乾燥らしい。そして、この問題を解消するのに最も効果的にして唯一の解は、実は「濡らした紙の上をなぞる」なのだ。

本当?フリクションって水性なの?と思いながら、紙をちぎって、濡らして来て、その上でグルグルとペン先を回していたら、何十秒もしないうちに、少しずつインクが出来て、きちんと書けるようになった。

201505_flixion

写真を見ると、無色のペン先をなぞらせた跡と、少しインクが出ている跡、インクが出て来てかけている様子が分かる。

 皆様も、同様な状態になったら、ぜひおためしあれ。

松本竣介展

0c60a7e3.jpg

何年か前に、岩手県立美術館を紹介したけども、久々にまた行ってきた。今回は、松本竣介の特別展示が目当てだった。

個人的には松本竣介の絵がとても好きである。「Y市の橋」が好きすぎて、きっとそのせいで横浜に住んでいるのではないかと思うぐらい。家族からは、なんであんな暗い色調の絵が好きなんだといわれてしまうのだけど。線とか、構図とか、表現方法とか、そういったあたりが好きだ。親しみを覚える。

fbbe0968.jpg
(Y市の橋で描かれている付近の最近の様子。2012年3月撮影)

この親近感の感じ方は、直感的には自分に似ているからなのではないかと思う。生い立ち(東京生まれで、花巻で育ち、盛岡中学校で学び…)がよく似ている点や、文章等から見て取れる考え方、思想などにも共感を覚えるからだ。

生い立ちは結構重要なのかなと感じている。表現に関して共感できるのは、岩手、特に北上平野の山々に囲まれつつも、とても広い視界と突き抜けるような空の下で暮らすと備わるダイナミックな遠近感覚を持って都会で過ごすと感じる、狭い空間に立ち並ぶ人工物をとらえるときの圧迫感のようなものが、建物シリーズなどに表れているからなのかなと思う。

もう少し分析的に考えてみると、彼が理性の作家だからなのではないかと感じている。抽象画を描く画家の方には、自分の感覚そのものを絵に表現している方々も多いのではないかと思うのですが、松本竣介は、むしろ、絵画の表現を通して、彼が意図した特定の感覚を、絵を鑑賞する人の中に呼び起こそうと努力をしているように思います。それは、代表的な文章「生きてゐる画家」にも述べられています。なので、彼と同じような生い立ち(耳は聞こえるけど)の自分は竣介の絵を見ると、彼が意図した感覚に近いものが呼び起こされるから、強い共感を覚えるのかもしれない。

もともと、常設展に松本竣介のコーナーを持っている岩手県立美術館ではあるけど、今回の特別展は方々からの作品や手紙・写真などの資料なども集まり、作品群毎の解説もなされ、画家・作品双方の背景も知ることができるなかなか有意義なものだと感じた(自分が好きなだけかもしれないけど)。

お勧めしたいのは、図録。よくある図録はムックの様なものが多いけど、この特別展の図録はハードカバーである。装丁が良いので、本棚に置いとくだけでもなかなか様になりそう。956ba144.jpg

盛岡でやっているのは5月27日までで、その後は、神奈川、宮城、島根、東京と回っていくとのことです。神奈川・葉山での展示も見に行ってみようかな。

砂の芸術

トリノオリンピック終わってしまいました。今回のオリンピック、夜更かしの時間とLIVEの時間が重なったせいもあって、結構たくさん競技を見た気がします。

そんな中、NHKでの放映開始時に平原綾香の曲と一緒に、砂をまいて絵を描くアニメーションが使われていましたが、それがずーっと気になっていました。

砂をババッとまいて、その上を指や手のひらを使ってパッパとなぞって線や文様を作り、各競技の様子を描き出す映像です。その描く最中に飛ぶ砂の動き自体でその絵の動きを表すという、躍動感あふれる表現にとても心を打たれました。

僕はてっきりこれはCGだと思っていました。「こんなに都合よく砂が動く訳が無いっ」と思っていたのです。じゃあ、こんなすごいCGをどんなクリエイターがつくったのか、と調べてみたら、実はこれ実写だったんですね。そう、実際にあのように絵を砂で描く人がいたんです。すみません。CGだなんて言って…。

その方は、ブタペスト生まれのフェレンク・カーコ(Ferenc Cako:フェレンツ ツァコが正しい?)という芸術家で、この「サンド・ペインティング」というパフォーマンスは彼独自のものだそうです。日本にも何度か来た事があったり、CMで使われたことがあるそうで、日本にも結構ファンがいらっしゃるようです。生のパフォーマンスが見たいですね。ちなみにこちらのページ(ks plusさん)によると、使う砂は、ドナウ川の砂が一番いいらしいとか。

岩手県立美術館

4c3a41c4.jpg

前回のエントリの岩手での夏休み続き。今回は岩手県立美術館にも立ち寄ってみた。お目当ては現在やっている特別展「エルミタージュ美術館展」、ではなくて、常設展にある萬鉄五郎、松本俊介、舟越保武の作品と、この美術館の建物そのもの。以前、テレ東の「美の巨人たち」(ちななみにBSハイビジョンでの放映が終わってしまったのは残念)で萬の回と、松本の回を見て以来気になっていた。

出来たのは4年前とのことだが、建物中はまだ真新しく明るい。その中で特に印象的なのは公園に面した
グランドギャラリーとそこから展示室に昇る階段。緩やかなカーブになっている階段の上から、下を振り返ると不思議な静かな奥行きを感じる。この奥行きの余裕感が展示室に向かう前に爽やかな気分にさせてくれる。天気の良い日にこの空間を味わうだけでも来た甲斐がある感じがした。次は周りを雪に覆われた日に来てみたい。

常設展でメインの萬、松本、舟越は岩手を代表する画家、彫刻家であるが、萬は茅ヶ崎にて療養し、松本は代表作とも言える「Y市の橋」のモデルは横浜駅脇にある小川にかかっていた橋であるなど私が住む神奈川ともゆかりのある作家でもある。特に松本は自分と似たような生い立ち(首都圏->花巻->盛岡)をしているという点でも気になっていた。テレビに多少感化されたのかもしれないが、街と自然の2つの感覚をあわせ持つ感性の中から搾り出された作品に、自分も共感を感じているのだと思う。また、松本は、戦時にあり自由な作品に取り組みにくかった時代にも芸術家としての信念を曲げず道を模索し続けたと聞く。作品を見ながら、また今岐路に立っていると感じている自分の心を振るわされた。

地元の人からは馴染みが有り過ぎて「あえてなぜ常設展に?」といわれるかもしれないが、この美術館の3人のコレクションは非常に貴重だと思う。3人の生涯とその作品一つ一つやその変化を丹念に眺めることができ、作風の開拓や祈りのメッセージとともに人生や哲学を感じることが出来るからだ。そして、その空間をプロデュースしてくれる美術館全体がすばらしいものである。この美術館とコレクションを見るためだけに新幹線にのって盛岡に立ち寄る価値を感じる人もきっと多いだろう。