しろしろ

素人のように考え、素人として実行する(ってダメじゃん!!)

健康・病気

CPAP法(持続陽圧呼吸療法)での睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療

前の話:睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査とCPAP法の治療を受ける

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の代表的治療法には、マウスピース法と、外科的治療、そしてCPAP法がある。マウスピース法は軽症の場合に適している。外科的治療は気道を広げるために上顎と下顎を広げる手術や、いわゆる「のどちんこ」を切除する方法などがあるのだけど、日本ではあまり行われていないそうだ。

CPAP法は重症の場合の対症療法の立ち位置。私もこれになりました。簡単にいうと、寝るときは呼吸器のようなもの装着し、鼻から空気で圧力をかけて気道をひろげる。対症療法なので、これで治るわけではない。機械を外して寝れば症状がでてしまう。先生には一生物だと言われたのですこしがっかり。実は友人が以前、無呼吸症の検査受診と治療としてマウスピースを作っていたのをFacebookで書いていて、自分もその程度ですむかなと思っていたので少しショックが大きい。

外科的治療法以外には抜本的な方法は少ないようだけど、肥満の状況にある人は痩せると良いそう。私も中年太り取り気味ではあるけれど…。

さてさて、呼吸器のようなものということで私も最初は大がかりで業務機器的なものを想像したけど、以下の写真のような案外、ライトな雰囲気の機械でサイズも辞書ぐらいのサイズです。

DreamStationBody

マスクは以下の様な物です。いくつかタイプがあるらしく。私のは、鼻だけを覆うタイプです。

CPAPMask

装着すると以下の様な良い雰囲気なイメージ。バットマンのようなイメージですな。筆者はこんなに渋いイケメンではありませんが。

CPAPPackage

これらをつなげて、装着。

DreamStation


付け心地なのですが、鼻から強制的に空気を送られるので少し慣れが必要。機械はなかなか賢くて息を吸うタイミングを感知し、それに合わせて圧を高めようとする。でも、口を開けると鼻の裏側から口に空気が抜けてしまい肺に空気が回らない。

なので、少し鼻が詰まっていたりすると息が苦しい感じがしても口を閉じて寝る必要がある。寝ている最中に口をあけると、口から空気が抜けてゴワーッって空気が吹き出てくる。結構な勢い。

でも、うまく付けられているときは呼吸をサポートしてくれるので息をするのが楽な感じがする。電動アシスト付自転車の様な感じ。息を少し吸うと勝手に息が送られてくるというか。いままで苦しくて何気に横向きに寝ていたけど、CPAPの機械を付けるときは仰向けに寝た方がより楽に呼吸できる気がします。

ただ、寝ている最中に無意識にマスクを外してしまうことがある。鼻づまりなどで息苦しくなったり、寝汗やかゆみで無意識に外してしまうんですね。

このあたり、使用状況を機械は記録できるようになっていまして、SDカードに記録されています。この機械はレンタルでして使用料を払う意味でも毎月診察に行く必要があるのですがその際に記録状況から治療がうまく言っているか確認出来ます。

この機械を受け取るときに、再度入院検査を受けます。これは、CPAP法が効果があるかを確認するのと最適な空気圧を範囲を調べるため。またしても体中に電極を付けて、頭からネットをかぶって就寝。その後設定を調整された機械を持って帰宅。

この時の結果だが、一時間あたりの無呼吸低呼吸の回数は3.5回(当初50回/時以上)、ノンレム睡眠のstageのうちstage2の時間が増え、より深いstage3の時間が0だった物が10分ほど観測されるようになり、睡眠の改善が確認された。しかしこれまでほんとに浅い眠りしかしていないことが思い知らされたりした。

SASCPAPKensa

CPAPを始めてから一ヶ月ほど経っています。朝起きたとき劇的に疲れがとれているという体感は思ったほどないのですが、日中帯にぼんやりしたり、なんとなく眠くなったりということが無くなった気がします。

家族によると、ひたすらうるさかった「いびき」は、全くかいていないとのこと。上のマスクのパッケージの写真のように、SASの治療は一緒にすごす家族にも幸せということかもしれない。

あと、一晩に一度はトイレにいっていたのですが、CPAPを始めてからは行かなくなりました。先生によるとこれもCPAP法により睡眠が深くなっていることによる効果なのだそうです。

ちなみに私のCPAPマシンはフィリップス社製DreamStationという名前なのですが、スマホのアプリがあり、簡易的に記録を参照することが出来る。下記の様に、毎晩のAHI(無呼吸・低呼吸の一時間当たりの頻度)が分かるのでこれを参考に本体をより使いこなしていくことになる。

Screenshot_20180120-171937

Screenshot_20180120-171931

また、いろいろわかった事があったりしたら投稿します。

前の話:睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査とCPAP法の治療を受ける

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状

睡眠時無呼吸症候群の症状や合併症についてまとめました。
元のページ:睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査とCPAP法の治療を受ける 、CPAP法(持続陽圧呼吸療法)でのSASの治療

睡眠時無呼吸症候群には、その原因から2つのタイプがあります。
  1. 閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)
  2. 呼吸中枢の異常による中枢性睡眠時無呼吸タイプ(CSA)
私が罹患しているのは、1.のOSAタイプで、気道が柔らかく寝ていると塞がってしまうために無呼吸になります。なので、息の通りが悪いことで鼻が鳴るいびきなど、客観的に分かる症状がでてきます。
症状
いびき自分では気がつけないのですが、家族からの指摘に気をつけましょう。自分は、寝始めるとすぐいびきをかいて、静かになったと思ったら、息が止っていて、そのうち苦しく咳き込む様にしてまたいびきが始まるというのを繰り返してました。
日中の眠気昼間じっとしているだけで眠ってしまう、強烈な眠気に襲われるなど。交通事故や電車の運転手の居眠りなどで話題になります。
起床時の倦怠感起きたときにフラフラしたり、疲れが残っているなと感じたりします。
頭痛
うつ傾向
いらいら
集中力低下基本的に脳が休めていないので、考え事が持ちません。
睡眠時の異常体動
睡眠時の窒息感による目覚め息が苦しいということもありますが、呼吸が出来なくなるんじゃないかという恐怖感で目が覚めることもあります。
寝汗
夜間の頻尿眠りが浅いために、トイレに行きがちです。

次に、合併症の例を挙げます。長期的にはこちらの方がヤバい感じがします。
合併症例
高血圧降圧剤をつかっても下がらない難治性の高血圧のリスクがあります。無呼吸から呼吸に戻る時の睡眠中断時の交感神経の亢進による血圧上昇が原因といわれています。
心臓病(心疾患)酸素飽和度の低下が、血管の硬化を促進すると言われているそうです。また、不整脈の合併症リスクが2倍になると言う報告もあるそうです。
脳卒中酸素飽和度の低下により、血栓ができやすくなり脳梗塞・出血のリスクが高くなります。また、SASによる集中力低下でその後のリハビリの効果も下がるという報告があります。
糖尿病(2型)実は糖尿病のリスクも高まると言われています。詳しいことは分かっていない様ですが、間欠的低酸素症による交感神経の亢進が、ホルモン異常を引き起こし、インスリン抵抗性が悪化することに依ると言われています。

元のページ:睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査とCPAP法の治療を受ける , CPAP法(持続陽圧呼吸療法)でのSASの治療

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査とCPAP法の治療を受ける

いくつか病院にかかったネタを書いてきたけど、今回は少し重い話。
(続き:CPAP法(持続陽圧呼吸療法)でのSASの治療

なんと、睡眠時無呼吸症候群(SAS)と診断されてしまった。バスやトラックが居眠り運転事故を起こしたりした時によく話題になる睡眠障害の病気です。しかも結構、重度の症状とのこと。

事の始まりは宿泊人間ドックのオプションで簡易版の睡眠時無呼吸症の検査を受けたこと。数年前から「いびき」がひどいと家族に指摘されていて少し気になっていた。あと、寝ている最中に呼吸が止っている時があるという話を家族から聞いていたからだ。

この簡易検査の結果は、一時間あたり22回も無呼吸だったり低呼吸の状態という結果だった。つまり寝ている間、3分に1度は息が止まっているということ。もっと衝撃だったのは、最大で85秒も呼吸が止まっていたということ。プールで潜水したりして息止めたりすると40秒を超えた辺りからつらくなってくるけど、まさかの一分越えとか。というか、3分に一回、1分以上息止まってるってことは、寝ているとき半分くらい息してないって事?ということで、これは確かにやばいなと考えて病院に行くことにした。

SAS簡易検査
この検査結果ついて、紹介状と一緒に送られてきた説明書では数字としては中程度の無呼吸症ということなのだが、この後もっとひどいということが判ることに。

ネットで検索したら幸いにも割と近所に睡眠時無呼吸症にも詳しい呼吸器科のクリニックを見つけたので行ってみることにした。

無呼吸症について、病院の先生からは心臓発作や脳梗塞になるリスクがあるといわれつつ、精密検査をしましょうということですぐ一泊入院検査を申し込まされる。ちなみに検査は混んでいて、予約は一ヶ月以上先になった。無呼吸症の専門クリニックでも入院検査設備が無いケースも有るようですが、このクリニックの場合は設備を備えててすぐ予約までとれたのはラッキーだった。

さて、入院当日。検査は一晩寝て、睡眠時の呼気、脳波、手足の筋電、胸とお腹の動きを調べる。胸とお腹の動きを見るのは、動きで呼吸が出来てるかを調べるため。頭に電極を付けた上で、寝返りをうっても外れないようにするためにネットをかぶるので、すこぶる格好悪い。

寝心地が悪いのは我慢してとにかく寝てしまう。

検査結果を聞きに再度病院に行く。結果は、簡易検査の時よりももっと悪く、一時間あたり無呼吸低呼吸回数が52回、約6時間の中で300回も無呼吸だったり低呼吸な状態だった。

SAShonkensa


あと、脳波の状況から、深い眠りの状態である、stage3,stage4と呼ばれる段階に至る時間が全く無いことが分かった。つまり無呼吸による低酸素状況に対応して体を動かそうと指令を出すために、ほとんど脳が休めて居ないという状況。動脈血圧酸素飽和度も最低で74パーセントという数値で、これはどれくらい低いかというと、普通の病気で85パーセントを下回ると酸素ボンベによる酸素吸入をする値で、体にも相当負荷がかかっている状況だという。

診断としては重症(一時間あたり30回以上の無呼吸低呼吸回数)の睡眠時無呼吸症ということだった。簡易検査はやっぱり簡易だったのだ。

睡眠時無呼吸症候群というと高速バスやトラックの運転手が話題になりはしたが、まさか自分がという気持ちになる。

実は自覚症状はほとんど無かった。もともと子供のころから寝付きがよくない事もあり、多少睡眠時間が短くても、昼間に居眠りすることはまれだった。退屈な会議でも平気で起き続けられる体質です。無呼吸症の症状で、よくあるじっとしているとすぐ寝てしまうという事は有りませんでした。

なので、重症といわれてもちょっとピンと来ません。でも、最近寝ても疲れがとれてないというか、起きたときむしろフラフラという状況があり、年齢や日頃の疲れのせいかと思っていたのですが、無呼吸で体に負担がかかっていたせいだったのでしょう。寝ると疲れてしまうとはあべこべです。

でもここで分かって良かったと思っている。睡眠時無呼吸症の問題は、疲れや眠気が残って昼突然眠りに落ちるということだけでは無いのだ。実は怖いのは、高血圧や心疾患、糖尿病など生活習慣病との合併症リスクが高いと言われている。(こちらに、睡眠時無呼吸症候群の症状をまとめた)

実は自分はここ数年、健康診断等で血圧が高くなっていると言われ続けていて、できるだけ塩分を控えたりするようにしていたのだ。でも、どんどん上がる一方でそろそろ薬かなと思っていたので、この睡眠時無呼吸症候群の診断で、これが原因だったのかと思った。人間ドックでは糖代謝にも陰りが出ていたので、これもSASのせいかもしれない。

さて、治療法はというと、私の場合は閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(OSA)で重症の場合CPAP法(シーパップ:持続陽圧呼吸療法)となります。これは、寝ている最中呼吸器のようなものを装着し、鼻に空気圧をかけて気道を強制的に広げる方法。

これつについては次回

リンク:睡眠時無呼吸症候群の症状

今年も花粉の季節が始まりました

先週ぐらいから、外に出るとくしゃみが出たり,目がかゆくなるようになって来た.そろそろかなと思っていたら,今日は結構つらかった.会社でもちょくちょくトイレに行ってはうがいや,顔を洗うことになった.

われらがウェザーニュースの花粉チャンネルによると,東京で1月31日から花粉の飛散を確認していて今年はすこし早めの観測開始らしい.

予想だと,今年は全体的には平年よりも少なめとのことだけど,今の時期からこれだと結構苦しむかも.来週の連休にお宮参りに行く予定だけど,ちょっと花粉対策が必要そうだ.

本当に悲惨だった一昨年から比べると去年はかなり楽だったので,なんかちょっと心構えが緩んでいるのだが,今年はどんなグッズや情報を試そうかな.

リンク:
去年のエントリ「ぐずぐず花粉症2006
環境省花粉観測システム(はなこさん)

キッセイ 2007年スギ花粉飛散情報

プロトピック情報をアップしました

私のHPで公開している、アトピー性皮膚炎の外用薬プロトピックに関するページを更新しました。

更新のメインは、アメリカで配布しているプロトピックのメディケーションガイドの翻訳です。メディケーションガイドは米のFDA(食品医薬品局)が承認した、患者向けの表示情報です。

分かっていないことは分かっていない、ときちんと記した公平な情報を日本でも伝えてほしいものです。