しろしろ

素人のように考え、素人として実行する(ってダメじゃん!!)

テレビ番組

11acとBluetoothとスマホで快適ビデオライフ

以前、DIGAに録りためた番組をスマホから見る話を書いた。DIGAのネットワーク設定やDTCP-IP対応のアプリをきちんとスマホに入れると、家族がテレビを専有していたりしても、録画番組を楽しめる(テレビとスマホで同時に別の番組の再生も可能だ)

でも、これまでXperia Zで見るときにはひとつ不満があって、無線LANの電波帯域と音を聞くために使っているBluetoothの電波帯域が同じ周波数帯で干渉するせいか、音が途切れ途切れになってしまうことが有ることだった。仕方ないので、この時はボディのカバーを開けて直接ヘッドセット端子に差し込んで見ることになる。これが、Xperiaのせっかくのボディを台無しにしている感じがしてどうにも嫌だった。

前回のエントリで、11ac対応の無線LAN親機にしたことで、DIGA→Xperia Zの間は5GHzの11n接続、Xperia Z->ヘッドフォン間は2.4GHzのBluetooth接続で干渉なしで接続ができるようになった。

これで、更に快適な映像ライフが送れるようになりました。PCでネットをみながら、録画をチェックすることもできます。下記画像は、ネットでラーメンの画像を検索しつつ、奥のテレビでDIGAの再生をしつつXperia Zでは、録りためているABCニュースシャワーを再生しているところです。

d10288e0.jpg

ちなみにXperiaでは標準の「ムービー」アプリで、DIGAに接続できます。

TopGearおもしろいな

前回の記事で紹介したMP5プレーヤで、英語の耳慣らしのために、海外の動画をYoutubeでいろいろダウンロードして見ている。一日20分程度、通勤途中で視聴というのを2週間ほど続けている。あまりリスニングは得意ではないが、だんだん聞き取れるようになってきている。

ABCニュースとかも見ているが、イギリスBBCの提供している車番組TopGearを結構見ている。これがメチャクチャでおもしろい。何を言っているか分からなくても、大体何をしようとしているかは分かる。新車のレビューで辛口コメントだったり、何を試そうとしているのかよくわからないまま車をつぶしたり、車でサッカーしたり。

日本人としておもしろく見られるのが、Race across Japan というもの。これは、車とその他交通機関と、どちらが早いかというのを競うシリーズの日本版。富山から千葉の鋸山までの到着を車(日産GT-R)と電車とで番組キャスターのイギリス人3人組が競う。

元横須賀人として注目なのが、クライマックス近くにて電車組が京急線~京急久里浜~フェリー~目的地の鋸山まで行くところ。こいつらこんなローカルなところ来たんだと思った。GT-Rが海ほたるを通過するシーンも外国のカメラが撮ると印象的な風景となる。