しろしろ

素人のように考え、素人として実行する(ってダメじゃん!!)

アニメ・コミック・ゲーム

Nintendo Switchが来た!

以前Splatoonのことを書きました。このイカしたゲームがとても好きなのですが、その続編というか進化版、Splatoon2が7月に発売されていたのですが、Switchが超品薄で手に入らず、Twitterの書き込みとか公式のフェスのお知らせとかをずーっと恨めしく見ていました。そんな中、今回やっと正規のルートで手に入れることが出来ました。
DSCPDC_0003_BURST20170930101948927_COVER

いや、転売屋から買えば手に入ったのですけどね。しかし、何万も余計に払うのは癪だったので。

この流通状況の異常さに、さすがにまずいと思ったのかニンテンドーショップでの予約を任天堂が始めてくれたのですが、それはそれでオンラインショップが人多すぎ状態になって大変なことになったのですが、頑張って予約して、やっとこさこれが到着したのです。

早速開封の儀。解説書の類いは全く無く。説明は箱内側面のこの「はじめかた」のみ。
DSC_2793

第一印象は、思っていたよりも小さく、薄べったいです。
早速書いて有るとおりACアダプタをつなぐと、コントローラを差せやと言ってきます。

DSC_2794

コントローラを使いながら先にすすめて、無線LANの設定などをしていくと、テレビにつなぐかと聞いてきて、ドックの使い方が表示されます。
DSC_2795

つなぎました。今度は本体のアップデート。

DSCPDC_0003_BURST20170930103833104_COVER 
今回、合わせて購入したもの。スプラトゥーン2のソフトと、コントローラ。予約するときに、何をセットで買えば良いのか全然調べてなかったので、よく分からないまま買いました。実はJoyconももう一セット買っています。結論から言うと、大人の手にはJoyconはかなり小さいので、Proコントローラを買っておいて良かったと思います。上の写真から見ても分かるようにWii Uのパッドは特におおきくてそれに慣れてしまっていると、Switch本体が薄く小く、コントローラ上側面にあるZ(R,L)と、R,Lのボタンが押し分けづらいのです。
DSC_2798


スプラトゥーン2のパッケージ中身。カードは小さい。3DS用の物よりもさらに小さいです。
DSCPDC_0003_BURST20170930104250620_COVER

ソフトを入れて、キャラクタを選んで、やっとこさ始められました。Wii U版もしらばらくやっていなくて、あまりにも久しぶりなので下手くそでコントリビュート出来なくてごめんなさい。

DSC_2800



任天堂 3DSなにげに面白い

e6eae3b3.gif

最近、家族が任天堂3DSをやっている。子供番組のCMでとあるソフトが気になって嫁さんが買ったらしい。実は、ここしばらくはスマホ、タブレットで暇つぶしのゲームは間に合わせていた。周りを見ていても、特に電車乗っている時に見ていて思ったのは、多くの人はスマートフォンでゲームをし始めていて、いわゆるガラケーとは違う汎用的な機能や価格帯の重なりから、専用ゲーム機は終焉の時代をとうとう迎えるのだろうと自分としては思っていた。けど、3DSやってみると結構専用ゲーム機ならではの楽しみがあって面白いと思った。

まず、(いまさらながら)驚いたのが3D表示。本当に裸眼で3Dで見ることが出来る。目が疲れたりするんじゃないかと思ったがさほどではない。

3DSでは更に強化されているのが、NWへのアクセス機能。DSの頃からあったらしいが、すれちがい通信というのがやってみると案外面白かった。この機能は、3DSを持っている人同士が近づくと、それぞれのゲームのプレイ情報がWiFi機能を通じて交換される機能だ。相手が知らない人でもとにかく、同じゲームをやっている(かつすれ違い通信を設定している)人同士なら誰彼構わず、データが飛び込んでくるのだ。

例えば、Wiiのころからお馴染みMiiという、自分の似顔絵的なキャラクターを作って自分の分身となるキャラクターを作る機能が3DSにも搭載されている。このMiiについて、ネットワークを使って自分のゲーム機(広場)に招待することが出来るけど、すれちがい通信の設定をして(ゲーム上の設定で有効にした上で、無線機能をONにしておく必要が有る)町中をウロウロするだけで、どんどんいろんな人のデータが飛び込んでくる。そのデータを使ってちょっとしたRPGゲームが出来る。ゲームを進めるには、たくさんのすれ違いデータが必要なので「もっとすれ違いたい!」となって、持ちだして遠出をしたくなったりする。そういうゲームに閉じないリアルな活動も活発にさせる点が面白いと思った。

このすれちがい、有名・本数の出ているゲームなら町中でどんどんデータが交換されていくが、マイナーなゲームならどうなのだろうか?実は「ほっぺちゃん つくって! あそんで!ぷにぷにタウン!!」というゲームを買っていて、このゲームはおそらく小学生低学年のみをターゲットにしていて、発売3日で約8800本という本数だった(メディアクリエイトによる。)。ちなみに同日発売の逆転     裁判5は25万本で、桁が違う。日本全体でそんな少ない本数だと、なかなかすれ違えないような気もするが、でも、販売から3週間後、町中をウロウロしているとすれちがいデータが入ってくるようになる。数が少ないと、余計うれしくてもっとウロウロしたくなるようだ。多分、全くすれ違えない状態が続くとダメなのだが、たま~に入ってくる、というのが良いのだろう。

このすれ違い通信はアドホック通信の仕掛けといえるのだろうけど、スマホではこんな機能はくっつけようとは思わないだろう。ゲーム機、すなわちUX的なエンターテイメントをとにかく追求しようとしたからこそ付いた機能なのだと思った。

すれ違いの他にもカメラや電子コンテンツの端末としても使えるようになっている。カメラ機能は、小さい小学生もとても楽しめると思う。色々機能が付いているが、やはりゲームをすることがこの機械の主目的で、まだまだゲーム機の世界にも奥深さがあることを感じさせられた。WiiUが苦戦しているようだが、これも新しい楽しみ方を提案してくれるゲーム・コンテンツを待ちたい。