しろしろ

素人のように考え、素人として実行する(ってダメじゃん!!)

通販・買い物

三菱電機冷蔵庫 MR-B46C を買った

新しい冷蔵庫を買った。今回冷蔵庫を買うにあたって気にしたのは、以下のポイント。
  • 容量
  • 冷凍庫の容量
  • それなりに安心感のあるメーカー
の3点。買うことになったきっかけは、長年使い続けてきたシャープの両開き冷蔵庫SJ-WA35Cが水漏れするようになってしまったから。リコールなんかもあった機種だけど、これまで故障はなかった。

そろそろ、故障するかもなと考えた矢先に水漏れしだした。やはり20年というのが家電の耐用年数なのか。

今回のメーカーはモーター系では安心の三菱電機製。それがたまたまヨドバシで安売りされてて、本当は下見のつもりだったけど、即決だった。ポイント分を勘定したら約15万円で購入できた。

この機種は、60センチのスリム幅でありながら容量が455Lもある。その代わり少し高さがある。でも以前の機種から、100L以上(以前の機種の容量は345Lだった)増えたので、これまでキュウキュウに詰めていた状況がかなり余裕を持って収納出来る様になった。

MR-B46C

冷蔵庫を選ぶにあたっては、真ん中の段に野菜室を選ぶか冷蔵庫を選ぶかというポイントが有るけど、我が家は生協の宅配で週にまとめ買いすることが多く、冷凍食品の扱いが良い方がよかったので、真ん中冷凍庫の容量も大きめの本機種を選ぶことになった。

冷凍室には、切れちゃう瞬冷凍という、包丁が入れられる冷凍機能や自動製氷機能がある。自動製氷機能は今時当たり前なのかもしれないが20年前にはこのクラスの冷蔵庫では無かったんじゃないかと思う。肉などを氷点下でギリギリ凍らせないで長く保存したり、LEDライトで野菜を長持ちさせる「朝どれ野菜室」という機能もある。

温度設定は、扉にあるタッチパネルで操作する。室毎に細かく設定が可能。各種機能のオンオフもこちらで設定。

MR-B46Cfront

これだけ容量や機能があって、年間消費電力は250Kwh。これまでの冷蔵庫は450Kwhだったので、約半分になった。約19年という時間による進歩を感じます。

今のところ特に気になるところはありません。強いて言うと、本体全体が冷えるまで微妙に音が高めだった程度。安定したらほとんど気になりません。

三菱鉛筆uni-ball R:E(アールイー)を試す

私は、メモ用に消えるボールペン パイロットのフリクションシリーズをたまに使っていて、このブログでも過去記事を書いたことがあると思う。擦ると消えるボールペンだ。

uniballandflixion

最近、この擦ると消えるボールペンに対抗製品が出ていることに気がついた。三菱鉛筆からuni-ball R:E(アールイー)というシリーズを店頭で見かけて早速買ってみた。(実は発売されてからもう一年以上立っていたんですね)

フリクションシリーズでちょっとだけ不満に思っていたのは、微妙に線が太くなることと、若干ボールが引っかかる感じがする事だったんですが、試し書きをしたところこのあたりが少しuni-ball R:Eの方が良い気がしました。さすがJetstreamの三菱鉛筆。

uniball-re_hikaku

色合いは、若干、フリクションのブラック方が薄いように見えますが、線が細めにまとまるので、濃く見えます。

フリクションシリーズは多数のタイプが出ていますが、uni-ballの方はまだノック式ボールペンタイプしか出ていないようです。同タイプのフリクションより少しボディが太めで若干手に持った感じがしっくりくるので書きやすい気がしました。フリクションシリーズは、書いているとボディのパーツがすこしカタカタと揺れて音がするのが気になっていますがそれもないのが良いと思っています。

今後はこちらに乗り換えていこうかと思っています。もっとペン種のバリエーションが出ればなと思います。

エネループの充電器の互換性の話

三洋電機時代に買ったエネループがまだ結構現役である。何百回も充電しなおして使えるわけだが、ワイヤレスマウスとかリモコンに仕込んである電池は半年に一回ぐらいしか充電しないので、パナ・サンヨーの会社の事情にはよらず生き続けることになる。

家の中で単3、単4電池で駆動するものが増えてきた。電池の寿命というよりは、用途の拡大で結構電池が必要になってきたのだが、従来の非充電式の電池を買って・使ってでゴミを増やすのも何なので、充電式電池を買い足したくなってきた。

サンヨーから事業を引き継いだパナソニックのページを見ると、パナの充電式電池には今、三洋から引き継いだ「エネループ」シリーズと元々のパナのブランド「EVOLTA(エボルタ)」シリーズ2種類の製品がある。

ただ、これらの電池の間では、充電器の互換性に気を使わなくてはいけないことがわかった。(リンク先参照)

ポイントは、

  • 事業統合前の充電器はそれぞれのブランドにしか対応していない
    →エネループ充電器はエネループ電池、エボルタ充電器はエボルタ電池だけ充電できる。(「エネループ」ブランドならパナから販売しているエネループも三洋時代のエネループ充電器で充電可)
  • 最新のパナの充電器(両対応のマーク↓が付いているようだ)は、エボルタでもエネループでも両方充電出来る。      
    →新しいタイプのエボルタ付属充電器は事業再編前の三洋のエネループ電池も充電出来る
    charger

ということなので電池を買い足すときは、充電器を増やしたくなかったら、エネループブランドの電池をさがす。充電器の取り回しを考えたくなかったら、あたらしいBQシリーズの充電器を買う。

大型電気店ならともかく、スーパーとかではひとつの会社の製品ブランドを2つも置かないだろうし、パナとしてもエボルタ一本にブランドを統一していこうとするだろうから、新しい充電器を買ってエボルタを買い足していくというのが、良い方針なのかな。エネループのパッケージデザインが好きだけど。

 

↓旧サンヨーエネループも充電出来るタイプの充電器が付いたEVOLTAのセット。

↓EVOLTAも充電出来るタイプの充電器が付いたエネループのセット。

ジェットストリームPrimeが出た

143fa4f5.jpg
先日お気に入りと紹介した、三菱のボールペンJetstreamですが、高級感に難がありました。多色ボールペンでもプラスチックがメインのボディの1000円のものしかなかったのです。

自分としては、もう少し細身の多色ペンタイプがほしいと思っていたのと、少し高級感というかステータス感を持てるグレードが高いものがほしいと思っていました。こんなに良いボールペンなのに、ショーケースに入れられて並ぶことはないのです。

ところが、ふと今日東急ハンズに立ち寄ったら、なんとPrimeという箱入りのものが売っていました。3色ノック式のものが3000円、3色+シャープの回転繰り出し式が5000円で、全体がつや消しメタルボディのがっしりしたものです。

今日は、文具を買う予定はなかったのですが、思い切って0.5mmのノック式のものを買ってみました。回転繰り出し式のものを買っても良いかなと思ったのですが、普段使いではノック式のほうが効率が良いので。もう少し落ち着いた身分に成れたら回転繰り出し式にしてもいいかなと思いました。まあ、ペンに対してああだ、こうだと言っても自分は悪筆で、ボールペンさんには本当に申し訳ないのですが。

d52252ba.jpg

箱には、「Made In Japan」の記載が。やはり、これまでの製品とは一線を画しているのです。

このペンの滑らかさは0.7mmで味わうとクセになるのですが、私はプリントにメモを入れる場合が多いので細字の方を選びました。しばらく使って良い感触を得たら0.7も揃えようかと思っています。ボディはワインレッド?のツートンカラーを選びました。

持った感じは、ずっしり感が良いですね。また、ボディが細身になって字が書きやすいです。あと、0.5mmでも前回紹介の4&1多色ペンタイプよりも書きやすい気がします。ボディのせいなのか、芯にも改良があったのか。(替芯はこれまでとは別型番になっていて、値段も高いようです。)

いや色々言うにしても、字が汚い私にとっては全く宝の持ち腐れなんですがね。それでも、いろいろペンで字を書かなくてはならないので。